• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,  06:00 PM

カセットテープ生誕50周年記念の「限定モレスキン」は細部のこだわりが熱い

カセットテープ生誕50周年記念の「限定モレスキン」は細部のこだわりが熱い

120829moleskine_cassette.jpg


これまでにもスターウォーズやLEGOなどとコラボレーションし、限定版を発売してきた「モレスキン」が、次の相手に選んだのはカセットテープでした。1962年に開発され、1980年代に全盛期を誇ったカセットテープは、今年で生誕50周年。「音楽を持ち歩く」という、生活に革命を起こしたカセットテープに敬意を表し、モレスキンは限定版シリーズに加えることにしたそうです。

今回は、10月中旬に発売される「カセットテープモレスキン」を、先がけてご紹介します。「なんだ、表紙にそれっぽいプリントがしてあるだけでしょう」と、見限ってしまうのはもったいない。カセットテープに思い入れのある方も、かわいい雑貨が好きな方も、思わず熱くなるような細部のこだわりに注目です

サイズはポケット(9×14cm)とラージ(13×21cm)の2種類。色はレッドとグリーン、罫線はルールド(横罫)とプレーン(無地)から選べます。それぞれ、カセットテープとの類似点を念頭においたデザインになっています。このデザインが、たまらないのです。


120829moleskine_cassette_2.jpg

ポケットサイズのコンセプトは「ポータブル・カセット・プレーヤー」。まるでカセットテープが入っているかのようなデザインは、デボス加工(凹み加工)で表現しています。


120829moleskine_cassette_3.jpg

背表紙にはコントローラー。思わず再生ボタン、押したくなります。


120829moleskine_cassette_4.jpg

背面には、電池のフタ! これがあるだけでますますホンモノっぽいと、ときめいてしまうのは私だけでしょうか。


120829moleskine_cassette_5.jpg

ラージサイズのコンセプトは「デスクトップ・テープレコーダー」。こちらも表紙にデボス加工。メーターやフェーダーなどが、レコーダーっぽさを盛り上げます。背表紙には入出力端子。RCAケーブル、用意したくなります。背面にはスピーカーと、こちらもぬかりない。


120829moleskine_cassette_6.jpg

モレスキンは、今回のプロジェクトに関して、こんなコメントを寄せています。

モレスキンとカセットテープに共通していること。それはどちらもシンプルな長方形であり、またどちらもユーザーによって作り出されたコンテンツを詰め込むためのプラットフォームであるということです。

大きさの類似点だけでなく、「記録する」という本質の部分で両者は結びついているのです。こういう意味性、グッときます。モレスキンらしい上質さを残しながらも、ポップで楽しい仕上がり。音楽好きな方へのプレゼントにはもってこいでしょう。

価格はポケットサイズ(9×14cm、192ページ)2205円、ラージサイズ(13×21cm、240ページ)3150円(各税込)。モレスキン公式ウェブサイト、全国のモレスキン取り扱い一部店舗にて、10月中旬より発売予定です。


長谷川賢人

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.