• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  03:00 PM

リメイク好きに朗報! 金属製品の塗料はスロークッカーでラクラク除去できる

リメイク好きに朗報! 金属製品の塗料はスロークッカーでラクラク除去できる

120827removepaint.jpg


「この金具の色が気に食わない」、「古い雑貨をリメイクしてみよう」など、金属製品の塗料を除去したいときは、剝離剤のお世話になりがちですが、意外なあの道具も役に立ちます。火を使わずに、電気の力で煮込み料理を作れる調理器具「スロークッカー」でじっくり漬け置きすると、記事冒頭の画像のように塗料がペロンと剝がれ落ちるそうです。


面倒なことは一切なし! 水をはった容器に金属製品を入れ、本体にセットします。「HIGH(強)」に設定してスイッチを押したら、そのまま機械におまかせ。あとは、一晩置いておくだけ。時間はかかりますが、手間はかからず、有毒な化学薬品を使っていないのもうれしいですね。スロークッカーの容器にすっぽり収まる、ちょうつがい(ヒンジ)や窓の鍵などの小さい金物類にオススメ。

DIY愛好家のサイト「The Family Handyman」によると、どのようなものでも十分な効果が得られるわけではなく、素材と塗料の種類などによって向き不向きがあるそうです

例えば、油性、天然ゴム(ラテックス)、スプレー塗料はOKですが、ラッカー(クリア)仕上げはNGです。銅や真ちゅう、アルミニウムなどのさびにくい製品への影響は心配ないレベルです。しかし、一般的に鋼は、塩や酸・アルカリのような電解質を含む水に触れるとさびやすくなるので、やめておくのが無難でしょう。表面が粗くなってしまい、光沢感がなくなる可能性もあります。また、クロム、真ちゅうなどのメッキ加工が剝がれる原因にもなりかねないので、注意してください。

普段のお料理に使うスロークッカーを利用するのは抵抗があると思うので、中古品をリユースするか、リサイクルショップなどで安く入手するのが、賢明かもしれません。


How to Remove Paint From Hardware | The Family Handyman via Apartment Therapy

THORIN KLOSOWSKI(原文/抄訳:kiki)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.