• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

rhyehrhyeh  - ,  11:00 PM

小さな頃からぽっちゃりだったエンジニアが、45kgの減量に成功した方法

小さな頃からぽっちゃりだったエンジニアが、45kgの減量に成功した方法

120824howilost100pounds.jpg


ソフトウェア・エンジニアであり起業家でもあるJames Golick氏は、これまでの人生において、ずっと自身の体重に悩まされ続けていました。小学生ですでに「ポッチャリ」だった彼は、平均体重を上回る高校生となり、リッパな肥満の大学生へと成長しました。5年前、身長167cmのGolick氏の体重は、過去最大の130kgを超えました。そのときに起きたあるきっかけから、ついにダイエットを決心したそうです。今回はGolick氏が「45kgの減量に成功した秘訣」について語ります。


それではまず、私のビフォー・アフターをご覧ください。記事冒頭の写真です。


■「太っていることが当たり前」だった私でも痩せられた

減量には、現在のライフスタイルをはじめ、たくさんの犠牲を伴います。当然、とても険しい道のりです。でも、どんなに苦しくても高いモチベーションさえあれば、ルールを守って継続し、ダイエットを続けることができます。

私がダイエットを始めたきっかけは「肺炎」でした。126kgだった体重が、3週間に渡る寝たきり生活のあとには117kgまで落ちていました。当然、苦しみを味わいましたが、ダイエットに必要な「やれば結果につながる」ということを学びました。

私と同世代の方にはあまり珍しくないでしょうが、私は幼少期をポッチャリ少年として過ごしました。「痩せていた時代」などなかった私にとって、もはや太っていることが当たり前だったのかもしれません。馬鹿げた話のようですが、そのせいもあってか、自分には減量など無理だと思い込んでいたのです。

でも、私はやり遂げました。新陳代謝に問題があろうと、どんなにずっと太っていても、誰だって減量できるのです。それでは、これから私が実践した方法や食生活の見直し、その他さまざまなヒントをご紹介します。もうすでにこの記事を読むことに疲れている人がいるかもしれませんが、どうぞお付き合いください。


■基本の戦略

砂糖、小麦粉を使った食品、甘味料(ステビアを除く)などの加工食品を避ける


■運動...では痩せられなかった!

私は、運動では減量することができませんでした。体が重い割には、毎回長時間、急流でのカヤックや、ダウンヒルスキーを週に4、5回ほどしていました。それなのに、脂肪をたっぷり抱えていたのです。これだけの運動量にも関わらず、減量できなかった私にエクササイズは適していませんでした。

1  2

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.