• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

yamauchiyamauchi  - ,,,  11:00 PM

幸せを引き寄せるために、脳をだます「7つの心の声」と向きあおう

幸せを引き寄せるために、脳をだます「7つの心の声」と向きあおう

120821tricks_your_mind_2.jpg


Melissa Ng氏は、米ニューヨーク・クイーンズ地区にある「PianoVerse」という音楽教室の共同創設者であり、ブロガーでもあります。彼女のブログ「lumecluster.com」には、クリエイティブで生産性の高い、目的のある毎日を過ごすことで人間はよりハッピーになれる、ということがイラストで表現されています。今回はMelissa Ng氏が「ゆがんだ意識を正して幸せをつかむ方法」について語ります。


みなさんは、自分で自分の道を閉ざしていると感じたことはありませんか? 自分の考え方だけが悪いのではありませんが、心というものは手ごわい敵です。あなたの脳は、あなたが知らないうちに間違った方向へ導いたり、惨めな気分にさせたりすることができるのです。でも、解決策が全くないわけではありません。脳がどのように自分をだますのかを認識すれば、正しい物の見方を身につけることができます。

これからお話しする「7つの心の声」は、私たちが陥りがちな間違ったマインドセットです。自分に当てはまることがないか、注意して読み進んでみてください。


■「これからはベストを尽くそう」

悪いことがあったときに、無理にでも自分をポジティブな方向へ持っていこうとするのって、よくありますよね。ある程度のプレッシャーはプラスに働くこともありますが、ベストを尽くそうと必要以上に自分に圧力をかけても、私たちは柔軟に対応することができません。

私たちは、何か重要な変化が必要なときには「大きな第一歩を踏み出さないといけない」と、思い込んでいます。でも、それが気分が乗らない日だったらどうします? もうエネルギーも残っていないし、何をしてもダメなような気がする。そんな時は、まるで自分がダメな人間のように思えてくるかもしれません。

あなたが変化を感じるためには、時間、根気、そして忍耐が必要なのです。まずは小さな一歩から始め、失敗することで何かを学ぶ余裕を持ちましょう。


■「私がもうちょっとあの人みたいだったら」

尊敬するあの人のように自分もなれるはず、と思うのは自然なことです。問題は「自分がその人だったらよかったのに」と、思ってしまうことです。

誰かのまねばかりしていると、自分を失ってしまいます。あなたのニーズ、価値観、性格、これまでの人生をないがしろにしないでください。あなたのロールモデルから学べるものは学び、あなたにフィットするようにかみ砕いてから取り入れるのです。そのとき、自分の心の声に耳を傾けることが大切です。自分を理解し、尊重することが、ハッピーへの近道です。


■「専門家の言う通りにしなきゃ」

その道のプロなら、自分をハッピーに導いてくれそうですよね。落ち込んでいるとき、専門家の言葉は希望の光のように感じられます。でも、その光も、あなたがいる現実の世界に照らして考えなければ、すぐに消えてしまうのです。

専門家は、自分の経験に基づいて生まれた知恵を伝授してくれています。彼らのアドバイスは役に立ちますが、あなたにとってはヒントになるだけで、あなたの人生の答えにはなりません。あなた自身の経験が、あなたができること、あなたにとって重要なことを教えてくれるのです。

自分を信じられるようになりましょう。自分の専門家は、自分しかいません。


■「今は忙しいから、時間があるときに自分を見つめ直すことにしよう」

近ごろは、忙しいことを自慢したり、忙しさからは抜け出せないという認識になってきたりしています。でも、そんなふうに毎日を過ごしていたら、「自分のための時間」を見つけるのは不可能です。そのうち、しなければいけないことが多すぎて、こなす時間が足りないと言い出すことでしょう。

「自分のための時間」を作るのは、本当に不可能なことなのでしょうか? あなたは本当に忙しいのですか? それとも、何かを避けているのでしょうか。しなくてもいいタスクもあるのかもしれません。

自分のスケジュールを見てみてください。そして、優先順位をつけ、「自分のための時間」をそこに書き入れてください。自分のニーズにちゃんと応えるようにすれば、他のこともきっとうまくいくようになりますよ。


■「疲れたので、少し休ませて」

あなたはもしかしたら、休憩して「自分のための時間」を楽しんでいるのかもしれません。休憩することで脳をチャージできるのは確かですが、物事には節度が大切です。もしかしたら、あなたは休憩を取りすぎているかもしれません。休憩と称して、大事なことから逃げていませんか。

自分の人生について考えることを、そんなに重く考える必要はありません。頭が疲れすぎていないときに、最初は10分ぐらいかけて自分に問うのです。今まで何をしてきましたか? なぜそれをしているのですか? あなたは何をしたらハッピーになれますか? 時間をかけるだけの答えが得られるはずです。


■「他の人は私よりラッキーなだけ」

うまくいかないとき、私たちはよく「運が悪かったのだ」と、思ってしまいます。一時的に傷を癒やすのには効果的ですが、反面、他人を恨む気持ちを作り出してしまうことがあります。

あなたの人生、運任せですか? 私は、「自分の運は自分で運んでくる」という信念を持っています。待っていても運は勝手にやってくるものではありません。自分で必要だと思うことをして、自分に運を引き寄せるのです。

自分の力を信じましょう。あなたの目標を達成するためには、あなた自身の力、やる気、決意が必要なのです。


■「もっと...になったら」

「もっと自分の人生に満足できるようになったら」、「もっと成功したら」、「もっと健康になったら」、「人生の目標を見つけたら」...などの空想は、ある程度までは良いことです。どんな自分になりたいかと思いを巡らし、ビジュアル化できるからです。でも、思い描いてばかりで何もしないのは問題です。

頭の中だけでハッピーな人生を送るのはやめましょう。ハッピーな自分を思い描いて、そこに向かって行く人にいいことが起きるのです。もちろん、これは一昼夜で成せるものではありません。そこにたどり着くまでの道は平らではなく、失敗することもあるでしょう。でも、立ち止まっていはいけません。挑戦し続けてください。つまるところ、人生とは、いろいろな経験をして、そこから何かを学び取ることです。新しい人に会ったり、アイデアを考えたり、新しい場所に行ってみたり。

夢見てばかり見ていていても、あなたの人生は変わりません。あなたの貴重な時間を大切にし、その瞬間、瞬間を生きてください。ハッピーになりたかったら、自分のことを理解し、信じてください。


Do You Recognize These 7 Tricks Your Mind Is Playing on You? | Dumb Little Man

Melissa Ng(原文/訳:山内純子)

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.