• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

大嶋拓人大嶋拓人  - ,,,,,  02:00 PM

ソーシャルメディア依存から脱するカギは、自分だけの幸せや生き方を持つこと

ソーシャルメディア依存から脱するカギは、自分だけの幸せや生き方を持つこと

120810original.jpeg


Anil Dash氏はニューヨーク在住の起業家で、ライターでもあります。コンサルティング企業「Activate」と、ソーシャルメディア管理ツールを提供する「ThinkUp」の共同創設者であり、1999年から続く「Dashes」を運営するブロガーでもあります。ギークでもある彼は、テクノロジーが文化・社会・メディア・政府を変えていくことに強い関心を持っています。彼の仕事は、テック系ベンチャー企業のテクノロジーやイノベーションを公共機関や地域コミュニティに持ち込むことであり、自身のブログにてその詳細を伝えています。そんな多様な経歴を持つDash氏が今回語るのは「ソーシャルメディア依存から抜け出すヒント」です。


昨年、写真共有サービス「Flickr」の共同創設者として著名なアメリカ人起業家Caterina Fake氏が「ソーシャルメディア依存症」という現象を紹介して話題になりました。「FOMO(Fear of Missing Out)」と呼ばれるこの現象は、FacebookやTwitterなどのSNSを常に確認しないと不安になる心理状態のことです。ソーシャルメディアの普及とともに台頭してきた社交不安障害のひとつで、ネットユーザーの間で広く認知されることになりました。

確かに、タイムラインに表示される友達の投稿は面白いものばかりで、いつ見ても華やかなタイムラインを見ていると「自分の人生なんてつまらない」と思ってしまう気持ちはよくわかります

私がこの現象について知ったのは、息子のMalcolmが生まれて1カ月ほどたったころでした。当時の私は1カ月以上もインターネットに触れておらず、家を出ることもほとんどありませんでした。しかし、当時の私はソーシャルメディアから距離を置いたからといって不安になるようなことはありませんでした。

それどころか、私の人生は幸せに満ちていました。この経験から、私はソーシャルメディアと幸せに暮らす2つのヒントを考えるに至ったのです。

1  2  3

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.