• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  12:00 PM

盗られてないのに盗られてる?! カード犯罪の新手口から身を守る2つの方法

盗られてないのに盗られてる?! カード犯罪の新手口から身を守る2つの方法

120815_ElectoricPickpockets.jpg


あなたのクレジットカードを狙っている人が、世の中にはたくさんいます。

クレジットカード内のデータを読み取って偽造カードを複製する、いわゆるスキミングと呼ばれる犯罪行為。これまでは、実際に本物のカードを盗む必要がありましたが、近年ではデジタルスキャナや携帯電話で、服や財布の上からクレジットカードのデータだけを盗むというのです。

この新しい犯罪の手口は、RFID(Radio Frequency IDentification、電波による個体識別)やNFC(Near Field Communication、近距離無線通信)などが、クレジットカードやデビッドカードに搭載されるようになったために出てきました。

「かざすだけで支払いができる」機能が使えるがゆえに、犯罪者もこの技術を使って、デジタルスキャナで財布の中にあるカードの情報を読み取るのです。とはいえ、読み取りには少々の時間がかかるそう。米紙『ウォールストリートジャーナル』の「MarketWatch」コーナーでは、次のように説明しています。

Photo by Beau Giles.


デジタルスリをする場合は、財布のすぐ横にスキャナを置き(重ね)、その状態で30秒間は動かさないようにしなければなりません。これでは、よっぽど何かに夢中になって注意力が散漫になっているか、目の届かないところに荷物を置いてしばらく離れていない限り、相手にも簡単に気づかれてしまいます。

上のビデオでは、どのようにして同様の非接触型スキミング被害に遭っているか、どのようにしてNFCの使える携帯電話でカード情報を盗むのかを見ることができます。

簡単ではないとはいえ、対策をしない理由はありません。デジタルスキャナは少しの工夫で防ぐことができます。再び「MarketWatch」より。

  • 財布の中にRFIDチップの付いたカードが2枚以上ある場合、デジタルスキャナは2つのカード情報を識別できず、読み取りエラーになります。
  • ノートPCのようなスキャナで情報が盗まれるのが心配な場合は、この実証済みの防犯テクを使いましょう。財布の中にアルミホイルを一片入れておくだけです。

それでも心配なら、財布全体をアルミホイルで覆って、RFID保護財布を作ってもいいかもしれません。そこまでする必要があるとは思えませんが、まずは防犯対策としてこの2つを実行するところから始めてみてはいかがでしょうか。旅行の時だけに限らず、普段からの対策が肝心です。また、この対策はあくまで現在のもの。さらに巧妙にデータを盗む技術が開発されないとも限りません。最新の情報を常に追うようにするのも「防犯」のひとつと心がけましょう。


How to foil electronic pickpockets | MarketWatch

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.