• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,,,  11:00 PM

ユーウツ気分の原因は深夜にあり? 薄暗い部屋で液晶画面を見続けると危ない

ユーウツ気分の原因は深夜にあり? 薄暗い部屋で液晶画面を見続けると危ない

120816facebooking.jpg


深夜にインターネットを見続けると、日中に気分が落ち込みやすくなるようです。

あてどなくGoogle検索をしたり、Facebookで旧友を探したりすること自体が悪いわけではありません。オハイオ州立大学医療センターの研究結果によると、深夜に人工的な光をずっと見つめると、脳と行動に影響を与え、抑うつ症状につながることがわかりました

Photo by rlcalamusa1.


精神医学系の専門誌『Molecular Psychiatry』に掲載されたこの研究によると、薄暗い中で人工的な光に長時間さらされたハムスターは、人間の抑うつ症状に似た反応を示したそうです(無気力状態になり、砂糖水ばかりを飲む)。この問題の解決策はいたってシンプルでした。夜にPCを見るときは部屋の照明を明るくしておくか、そもそも夜にPCを使わないことです

以前にも、就寝前の携帯端末が快眠を妨げるとして、寝る直前に液晶画面を見るべきではないことはお伝えしました。さらに今回の研究で、抑うつ症状まで加わるとなると、ますます深夜のネットサーフィンのリスクは高まるのではないでしょうか。

過去記事「不眠に悩んでいる人は就寝前にパソコンやテレビの画面は見ないこと!」には、以下のような提言がありました。


ボストンのハーバートメディカルスクールとブリンガム&ウィミンズ病院のCharles Czeisler氏は、ベッドに入る前に人工的な光にさらされていると、睡眠導入ホルモンであるメラトニンの放出が抑制されてしまうと言っています。パソコンやテレビの青白い光が、直接脳に影響を及ぼすわけです。

ベッドに入る前は、できるだけパソコンやテレビの画面を見ないようにしましょう。部屋の照明も、寝る数時間前から間接照明にするなど、少し暗くするとメラトニンの分泌がスムーズに行われるそうです。


「自分は大丈夫、そんなことはないはずだ」なんて言わないで、しっかりと日頃の習慣を点検して、この研究結果をあなた自身で確かめてみてください。


The Real Reason Your Late-Night Facebooking Is Making You Depressed | Blisstree via Reuters

Alan Henry(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.