• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

kokorosya  - ,  01:00 PM

天気予報の的中率はおよそ85%

天気予報の的中率はおよそ85%

120816_weather_forecast.jpg


こんにちは。ココロ社です。

人間とは勝手なもので、二度連続して想定外の降雨があると、「最近、天気予報が当たらない気がするんだけど...」と思ってしまいがちです。天気予報をどの程度あてにするかというのは人によって差がありますが、実際に当たる確率はどれくらいなのでしょうか。

地味なのであまり知られていませんが、気象庁では天気予報がどれくらい当たったかという検証を行ってきており、「天気予報の精度検証結果」というページにまとめられています。

Photo by Thinkstock/Getty Images.



そのページによると、東京地方の降水有無の的中率はおよそ85%。1990年代と現在とを比べると、その精度は着実に上がってきています。

そして、全国平均では、


・「降水あり」の予報がされているときに実際に降水があった率はおよそ75%
・「降水なし」の予報がされているときに実際に降水がなかった率はおよそ85%


となっています。「降水あり」「降水なし」の間で的中率に10%も差がありますが、「降ると言われたのに降らなかった」ときの方が、「降らないと言われたのに降った」に比べると、不快に思う度合いがはるかに低いので、しょうがないか、という気持ちになります。しかし、「降る」と言われて実際に降らないことが4回に1回くらいはあるということです。雨の予報だからといって、外出の予定をあっさりとりやめにしてしまうのはもったいないのかもしれません

さらに注目すべきは、週末の予定を決めるときに参照することが多い、週間予報の精度です。3~7日先の平均ですが


・「降水あり」の予報がされているときに実際に降水があった率はおよそ65%
・「降水なし」の予報がされているときに実際に降水がなかった率はおよそ75%


と、精度はさらに10%近く下がってしまいます。当然のことながら日が近づけば近づくほど精度は上がっていくので、週末の予定を決める場合はなるべく近い日まで待つことが大事ですね。特に「降水あり」となっていても、3回に2回しか当たらないということなので、「家で適当にすごすか...」とあきらめないようにしたいものです。


ココロ社

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.