• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 AM

「玄米を食べれば健康」はまちがい! フィチン酸に気をつけて

「玄米を食べれば健康」はまちがい! フィチン酸に気をつけて

120809myspigemmai.jpg


運動前の食事腸を若返らせるとして、これまでもライフハッカーではたびたび「玄米」をオススメしてきました。白米に比べ、食物繊維の豊富さが特徴です。

それだけでなく、ビタミンB1やミネラルを豊富に含んでいるのが玄米の良いところ。「健康食」や「美容食」としてもよく取り上げられます。女性に役立つ情報サイト「マイスピ」では、玄米を食べることのメリット・デメリットをまとめていました。

中でもライフハッカーが注目したのは、「フィチン酸」という聞きなれない成分。このフィチン酸、体内の良くない物質を排出してくれるのだそうです。

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


フィチン酸には、とても強い解毒効果があります。その効果により、重金属類などのあまり良くない物質を体外へ排出してくれる働きをするのだそうです。しかし、この解毒効果は強力で、本来は必要なミネラルなどの栄養素まで排出されてしまう恐れがあるそう

そこでマイスピでは、玄米を取り入れる際には、水に浸して「発芽玄米」にすることをオススメしています。発芽玄米にすることで、フィチン酸の働きが抑えられるだけでなく、消化吸収の効率もアップするのだとか。

玄米を発芽モードにすることは簡単です。炊飯器で水に浸して1日以上置くと、玄米から小さな芽がのぞいてきます。これで炊けば、もっちり食べやすくなり、お子さんやお年寄りも、笑顔でいただけます。大豆モヤシなどでもわかるように植物種子は発芽して次世代を育てるために、さらに栄養素を急増させます。だから植物種子を発芽状態でいただくのは、栄養的にも理にかなっているのです。

もっとも、解毒効果を考えれば、全体の栄養バランスがとれていないまま玄米だけを食べるというのは、考えモノということでしょう。マイスピでは前述のメリット・デメリットのまとめだけではなく、おいしい炊き方(「炭」を使うのがポイントだとか!)も紹介していました。明日からの食卓に取り入れる前に、チェックしておくのがよさそうです。


結局どうなの!? 玄米食のメリット&デメリット | マイスピ

(ライフハッカー[日本版]編集部)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.