• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  11:00 AM

7つの「スターバックスハック」をアメリカ在住の元店員が教えてくれた

7つの「スターバックスハック」をアメリカ在住の元店員が教えてくれた

120802_Starbucks.jpg


これまでも「当たりレシート」や「カスタムメニュー」など、スターバックスに関するハックはいくつかご紹介してきました。今回はアメリカの南カリフォルニアのスターバックスで4年間働いていたJosh Whittingtonさんが、スターバックスハックを教えてくれました。「アメリカのスターバックス」のハックですから、日本では使えないものもあるかもしれませんが、今すぐに使えなくても今後使えるようになる可能性はあります。参考までにご紹介していきましょう。

Photo by Rob Pongsajapan.

 


  1. アイスティーは2倍に濃縮して作り置きされており、注文を受けると水で薄めて出されています。「水無しで」と注文すれば、味や香りの濃いアイスティーを飲むことができます。
  2. チャイティーラテ(ホット)は、味を均一にするためにお湯で作られています。シナモンチャイが飲みたい場合は、チャイティーラテの「お湯無し」で注文しましょう。さらに香りを良くするには、豆乳で作ってもらうといいです。
  3. キャラメルマキアートは、バニラ香料、ミルク、フォームミルク、エスプレッソのショット、キャラメルでできています。昔からある手法ですが「マーブルモカマキアート」(もしくはゼブラマキアート)にするのがオススメ。バニラをホワイトモカに、キャラメルをモカに変えると、新しい甘さが味わえます。ちなみに、マキアートはイタリア語で「染みのついた」という意味です。
  4. 若者の後ろに並んでいる時に、待ち時間をできるだけ少なくしたい時は、若者に合わせてフラペチーノを注文しましょう。若者は大抵フラペチーノを注文します。同じフラペチーノを注文するか、簡単な飲み物を注文すると、早くできあがります。
  5. スターバックスのワークフローは、一般的にレジ係が1人、飲み物を作る人が1人です。3人いる場合はレジ係と飲み物を作る人が交代したり、4人いる場合は仕事を2人ずつで分けたり、フードの担当ができたりします。飲み物を作る人はホットとアイスで分かれます。行列している時に、自分の前の人たちがホットの飲み物を注文した場合は、アイスを注文すると待ち時間が少なくなります。アイスの注文が多い場合は、当然ホットを注文した方が早いです。
  6. 買ったあとにしばらく歩き回るのであれば、フレンチプレスのコーヒーを注文しましょう。微妙なコーヒーの味や香りのちがいがわかる人は少ないかもしれませんが、フレンチプレスでコーヒーをいれる時は、粒が一番大きいコーヒー豆を使います。お湯で4〜7分間抽出するので、カップの中ではフィルターを通して湿った豆と、抽出されたコーヒーが分離します。時間がたってから飲む時は全体を混ぜれば、作りたてのような味わいのコーヒーを飲むことができるでしょう。
  7. スターバックスによく行く人は、毎回同じお店を使うようにした方がいいです。お店の人に顔や名前を覚えてもらって常連になりましょう。最終的にお店の人に覚えてもらうのは、顔や名前よりも何を飲んでいるかの方が大事です。一般の人が長い列に並んでいる間にも、お店の人が常連の飲み物を準備しておいてくれることもあります。レジでお金を出せば、すぐに飲み物が出てくるというわけです。

味わい方はもちろん、システムから見る時間短縮法など、興味深いものがありました。冒頭にも書いたように、ここでご紹介したハックはアメリカのものですから、日本では使えないものもあるかもしれませんので、あしからず。


What are some favorite Starbucks hacks? | Quora

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.