• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

admin  -   08:00 PM

別名カンガルー走法。「フォアフットラン」の3つのメリットご紹介

別名カンガルー走法。「フォアフットラン」の3つのメリットご紹介

120803hadashirun.jpg


先日、私は久しぶりに運動靴ではなくヒールの靴を履いて出かけました。歩き出して20分後にはもう足が痛み出してしまい、帰路に就く途中、最寄り駅から靴を脱いで裸足で家まで歩いて帰ってみました。裸足で歩いていると、子どもの頃を思い出します。やはり裸足は気持ちいいです。きちんと指で地面を踏みしめる感覚を楽しめます。

裸足で歩くといえば、以前ライフハッカーでも「裸足ランニングのススメ」という記事を紹介しています。特に、足の前部で走る走法を「フォアフットラン」と言います。この走り方、カンガルーの走り方に似ているので別名カンガルー走法と呼ばれており、3つのメリットがあります

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


■「フォアフット」の特徴

このフォアフットは足の前方つまりつま先のこと。走ってみるとわかりますが、フォアフットランはつま先だけで走る感覚です。フォアフット着地の利点を3つ挙げます。

1. 衝撃吸収

30cmぐらいの高さから裸足で前に飛び降りると、ほぼ100%の人がフォアフット着地になります(参考ブログ)。人間の本能で、衝撃を吸収しようと身体が反応するからです。衝撃吸収にはフォアフットが好ましいのです。


2. プライオメトリックトレーニング

プライオメトリックトレーニングとは、筋肉の「伸張反射」のメカニズムを利用したトレーニング法です。伸張反射とは、骨格筋が急激に伸張した時に反射的にその筋肉が短縮しようとする反応。脚気の検査でおなじみですね。短時間で爆発的な力を引き出すためのトレーニング法で、多くの競技者が取り入れている方法です。プライオメトリックトレーニングでもフォアフット着地は前提条件です。


3. 捻挫の予防

裸足でフォアフット着地の状態だと、地面からの情報に敏感になります。足首は固定されて捻挫しにくくなります。


このように裸足ランは足によくスピードもでるので、注目されています。私の経験では、フォアフット着地では太ももはまったく疲れず、ふくらはぎが疲れます。走力はフォアフット着地の方が断然上です。


■フォアフットランの注意点

注意点はアキレス腱の故障です。

動物の中でもカンガルーは特別です。カンガルーはチョコチョコ跳んで進むイメージを持っている人が多いと思います。動物園で見るカンガルーは1mずつ進んでいるようにしか見えませんが、その姿は野生のカンガルーとは大違いなんです。

カンガルーは人間の何倍も長いアキレス腱の反発力だけで何十kmも走るそうです(参考ブログ)。特殊な構造をしたアキレス腱と巨大な太ももが可能にする走り方です、最高時速70kmで、しかも一日に約100kmと、馬などよりもよっぽど長い間走れるのだとか。

スポーツバイオニクスの第一人者である、深代千之氏の著書『〈知的〉スポーツのすすめ』(p.50)には、驚くべきことが書いてありました。

カンガルーはなんと13メートルを連続で跳躍します。(中略)ダイナミックな跳躍の秘密は反動を使ってアキレス腱のバネ効果を利用する点にあります。

これは、裸足ランのプライオメトリックメカニズムのことです。なんと野生のカンガルーは1回13mも跳ぶのです。動物園でそんなことをしたら壁にぶつかってしまいます。これと同じようにフォアフットランでは人の走る力はアップします。


■アキレス腱故障の予防策

フォアフットランで長距離を安全に走るためには、アキレス腱、ひらめ筋、ふくらはぎを鍛えておく必要があります。鍛え方は縄跳びをオススメしますが、初めてのときはきちんとしたフォアフットランの指導を受けた方が安全です。決して無理はしないようにしましょう。


いかがでしたか? 前回の記事では「裸足で歩くことは体の痛みや不調を軽減する」と書きました。海や公園などで裸足になる機会の多いこの夏、ぜひ一度フォアフットランを経験してみてください。


・書籍:〈知的〉スポーツのすすめ』(深代千之著、東京大学出版)

・ウェブサイト:ハダシRUN


(大山奏)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.