• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

yamauchi  - ,  02:00 PM

時間とお金に、私たちはいつも脅かされている...最適なバランスを考えよう

時間とお金に、私たちはいつも脅かされている...最適なバランスを考えよう

120723_feelbusy.jpeg


「成功して富を成した人でも、ほかの人と同じように精神的に参ったり、不幸せに感じたり、忙しく感じたりするものだ」

この一文は正しいのでしょうか。そうでもないのでは、ということは「お金が生活の満足感に影響を与えなくなる分岐点は年収75,000米ドル」という過去記事からも感じるかもしれません。

時間がない、お金がない、幸福だと感じない、という話題を昨今、よく耳にします。時代が変わってもいまだに女性はすべてを手に入れることができず(英文)、自分で自分を忙しさの中に追い込んでいる人(英文)もたくさんいます。収入によって、お金、時間、幸福に対する感じ方がどう変わるのかリサーチして論文(英文)を書いた経済学者もいるくらいです。その論文の中で、彼はこんな説明をしています。

 


私たちはみんな、時間とお金の狭間で暮らしています。そして、お金のある人は、そのお金を使う暇がありません。結果として、お金持ちの人は時間により大きな価値を見出し、時間はいくらあっても足りないと感じるのです。

これは必ずしも、お金持ちの方がストレスを感じているということではありません。貧乏な人は、時間よりもお金がないことを嘆くのです。時間とお金、いつもどちらかが私たちを脅かしているのです。お金持ちは時間が足りないと思い、貧乏な人はお金が足りないと思うのです。

ライフハッカーでは、以前からお金・時間・幸福、そして人生との関係について、さまざまな記事をお届けしてきました。その中から、ヒントとなる言葉をいくつか集めてみました。

あなたが人生で求めていることは何か? をよく考えて、何にどれだけお金を使うのか、いつまでにどれくらい貯金するのか、また、そもそも何のために働くのかなどを、優先順位をつけながらよく検討してください。そのとき自分に「結局のところ、すべては何のためか?」と、問いかけてください。

幸せとお金の問題を語るときのポイントは「お金の不足=不幸せ」と直結させたり、「お金が豊富=幸せ」と短絡させないこと(こういう脊髄反射的議論は思考停止と変わりがありません)。「必要なお金が必要な時に不足する」と不幸せの可能性を招く、というのがポイントだと思います。

ほとんどの人は「良い給料」、「健康」、「幸せな人生」が成功だと思っているでしょうが、もっと具体的な成功の定義が必要なのだと指摘しています。

また、ビジネスにおける時間とお金の関係については、過去記事「移動手段から転職まで、良い判断のためには「時間の価値」を考えることが大切」からも、必要な観点が得られるでしょう。


あなたは、時間とお金のどちらが足りないと感じていますか? そして、バランスをとるのには、どうしたらいいと思いますか?


Why Only Yuppies Feel Busy: An Economic Theory | The Atlantic

Kevin Purdy(原文/訳:山内純子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.