• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  07:00 PM

ソースか?醤油か? 福井のご当地カツ丼が熱い

ソースか?醤油か? 福井のご当地カツ丼が熱い

120727katsudon.jpg


カツ丼といえば、トンカツを割下で煮て卵とじにしたものをご飯に乗せるといったスタイルが一般的ですが、バリエーションが意外と豊富に存在していることをご存知ですか?

 


福井県では、「ソースカツ丼」なるものがメジャーなカツ丼なのだとか。これは、ウスターソースに似たソースにトンカツをくぐらせ、ご飯に乗せるだけというシンプルな丼です。福井のソウルフードとしてすっかり定着し、今では福井県内のあちこちで提供されています。

中でも元祖ソースカツ丼の店として知られているのが、「ヨーロッパ軒」です。明治末期、ドイツで料理研究していた高畠増太郎氏が帰国後に考案したという秘伝のソースは、サクサク衣のトンカツと絶妙なバランス。一見ボリュームたっぷり(下写真)ですが、女性でもペロリと平らげられる美味しさです。

120727katsudon1.jpg


そんな福井のカツ丼文化に、近年、ちょっとした異変が...。ソースカツ丼に対抗し、なんと「醤油カツ丼」が誕生しました

醤油カツ丼とは、トンカツとたっぷりの野菜に福井県産の醤油をかけた、サッパリ系のカツ丼です。地元福井の野菜とトンカツとを一緒に美味しく食べられるようにと、福井県大野市にある老舗醤油メーカー「野村醤油」が醤油カツ丼専用の醤油を開発。福井県内の飲食店では、各店趣向をこらした醤油カツ丼のメニュー化が少しづつ進んでいます(醤油カツ丼の提供店マップはこちら)。

たとえば、福井駅からほど近い「吉ちょう」の醤油カツ丼(下写真)は、大胆にトッピングされたかつお節とたっぷりの大根おろし、刻みネギが特徴。ジューシーなトンカツとの相性もよく、サッパリといただけました。

120727katsudon_2.jpg


B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」などの効果もあり、日本各地の食文化が他の地域にも広まりやすくなってきたとはいえ、まだまだ知られざるお宝グルメはあるもの。出張の際に探してみると面白いですよ。


ヨーロッパ軒総本店
醤油カツ丼

(松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.