• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,  12:00 PM

効果を最大化させるなら「昼寝時間は10分がベスト」という研究結果

効果を最大化させるなら「昼寝時間は10分がベスト」という研究結果

120725benefit_nap.jpeg


昼寝は脳をリフレッシュさせ、エネルギーを向上させる源のひとつ。記憶力の向上につながるという研究結果もありますが、多忙なビジネスパーソンにとって、十分なお昼寝タイムを常に確保するのは至難の業。しかし、そんなアナタに朗報です!

専門誌『Sleep』で発表された研究によると、「ベストな昼寝時間は10分」であることが提唱されました。

 


豪フリンダース大学(Flinders University)の研究チームは、「夜の睡眠時間は十分に取っているものの、普段昼寝をしていない」という24名の若者を対象に実験。昼寝なし、昼寝時間5分、10分、20分、30分の5パターンで、昼寝後3時間(180分)の効果を計測しました。

  • 昼寝時間5分:「昼寝なし」と比べて、ほとんど効果は認められなかった。

  • 昼寝時間10分:眠気や疲労、やる気、認知パフォーマンスなどのあらゆる面で著しい改善がみられた。昼寝を終えてから155分間も効果が持続したケースもある。

  • 昼寝時間20分:起床後35分ごろから改善がみられるようになり、125分後くらいまでその効果が持続。

  • 昼寝時間30分:起床後すぐに覚醒障害や睡眠慣性がしばらく続いた。その後、昼寝による改善は155分間持続。

この研究結果によると、昼寝は長ければいいというものでもなく、むしろ適量にとどめるほうが賢明ということのようです。理想的な昼寝タイムをチェックできるウェブツール「Take a Nap! Nap Wheel」なども活用し、10分間を目安に、昼寝タイムを日常のスケジュールに組み込んでみましょう。このほか、昼寝にまつわるライフハッカーまとめ記事「まとめ:ザ・昼寝ハック Best10」もご参考まで。


A brief afternoon nap following nocturnal sleep restriction: which nap duration is most recuperative? | PubMed via Barking Up The Wrong Tree

Melanie Pinola(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.