• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  09:00 PM

「Smart stay」を疑似体験! 使用中は画面が暗くならないアプリ

「Smart stay」を疑似体験! 使用中は画面が暗くならないアプリ

120726_screebl.jpg


こんばんは、傍島です。

端末をこれ以上増やすわけにも行かず、槇原敬之ばりに「もう衝動買いなんてしない」と決めていた私ですが、結局docomo版のGalaxy S IIIを購入しました。

そのGalaxy S IIIですが、「Smart stay」や「Smart alert」、「Direct call」が気持ち良く使えます。これに慣れると、今まで何故なかったのだろうか?と考えてしまうほどです。

なかでも、ディスプレイを見ている間はバックライトを消灯しない「Smart stay」がお気に入りです。例えば、ウェブページを読んでいる最中にディスプレイのバックライトが消えてしまった...という経験をしたことがある人は多いと思います。しかし、Smart stayであればそれが無くなるワケですから画期的です。

Smart stayが気に入ったので、ほかの端末でも似たことができないかと調べてみると、まったく同じというわけではありませんが、利用者の行動を判断してディスプレイのバックライトを消灯しないアプリがありました。

 


ご紹介するのは、『Screebl Lite - Save Power!』というアプリです。

このアプリは、端末の傾きを検知して端末のディスプレイを点灯するかどうかを判断します。端末を手に持って操作している時はある程度の角度が付いているため、バックライトの点灯・消灯を決定してくれるというワケです。

例えば端末を手に持っている時は、画面を顔の方へ向けているのである程度の角度が付いています。その状態を「利用者が操作している」と判断して、ディスプレイを点灯したままにします。対して端末が水平状態の場合は、「操作していない状態」と判断してディスプレイの消灯を行ってくれます。スマートフォンを使う操作の中で、特別に意識しなくてもうまく機能が働いてくれるというのは、冒頭でご紹介したSmart stayと似ています。


全自動トイレを発明した日本からSmart stayのような機能を持ったスマートフォンが出てこないのは、非常に悔しい気持ちでいっぱいです。ですが、端末が利用状況を判断して適切なふるまいをするという仕組みは、まだ発展の余地がありそうですしこれから活発になる機能かもしれません。

『Screebl Lite - Save Power!』は、Google Playから無料でダウンロードできます。気になる人は一度お試しください。


Screebl Lite - Save Power!

(傍島康雄)

 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.