• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  -   01:00 PM

15秒あれば何でも伝えられる! Forbes式「メッセージマップ」とは?


起業家のためのコミュニケーション術で、30秒程度のセールストーク「エレベーターピッチ」はよく知られています。これと同様に、短時間で物事を伝えるためのコミュニケーションテクニックとして、米経済誌『フォーブス(Forbes)』で「メッセージマップ」を紹介しています。

営業トークや就職活動をはじめ、ちょっとしたアイデア提案などでも活用できそうです。

 


フォーブスによる記事冒頭の動画に従うと、手順は以下の3ステップ。

ステップ1:ツイッター的な見出しをつくる

伝えようとすることを、短く一文にまとめるのが基本。例えば、「Sloppy Joeのレストラン『BBQ Shack』では、鶏手羽、ビール、オレオを使ったデザートを提供しています」といった具合です。

ステップ2:主な利点を3つ挙げ、見出しを補足する

ステップ1で作成した見出しを3つの利点で補足。見出しで表現したアイデアに注目すべき理由を、簡潔に示しましょう。前述の例ならば、「BBQ Shackには、お得な価格で楽しめるハッピーアワーがあります。また『Your Favorite Magazine』誌で、鶏手羽のうまい店ナンバーワンを獲得。しかも、トイレは清潔です」といったように、BBQ Shackを利用するメリットを列挙するのです。

ステップ3:(時間が残っていれば)事例やデータで利点を裏付ける

ステップ2で挙げた利点を、事例やデータなどで裏付けましょう。できるだけ短めに、ポイントを絞って述べるのがコツです。

動画によると、基本的には、ステップ1と2のみでOK。この手順に従えば、15秒でどんなことでも伝えることができます。また、さらに15秒程度の時間が取れるなら、ステップ3を追加し、メッセージの裏付けを行いましょう。トータル30秒で、より説得力のあるメッセージを発信できますよ。

なお、短時間でアイデアを伝えるためのコツとしては、ライフハッカーアーカイブ記事「短時間で考えを伝えるための5つのコツ」も併せてご参考まで。


How to Pitch Anything in 15 Seconds | Forbes

Thorin Klosowski(原文/訳: 松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.