• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,  07:00 PM

他言語の看板を瞬時に英訳する『Word Lens』Android版が登場

他言語の看板を瞬時に英訳する『Word Lens』Android版が登場

120710wordlensforandroid.jpg


筆者はこう語ります。「『Word Lens』というiOS用のアプリを初めて使ったとき、それはそれは激しい稲妻のような衝撃を受けたものでした」と。Word Lensを起動し、英語以外の言語で書かれた看板にカメラを向けます。携帯電話の画面をのぞき込むと、あーら不思議、看板の英語訳がそこに表示されているのです。

そんなWord LensがついにAndroidにも登場

 


Word LensのAndroid版は先月リリースされたばかり。オフライン翻訳などの機能を含む、iOSアプリ版にあった全ての機能をAndroid版でも使用可能。オフライン翻訳はGoogle翻訳でもできないことなので、これは意外にポイントが高いです。また看板に向かってカメラを向けるだけで内容が英語訳される、というのはいつ見ても驚きの機能。

看板に書かれている文字の書体が少し異なることはありますが、翻訳されたテキストは大きめの文字で読みやすいように表示され、文字のサイズや形状も可能な限りオリジナルに近いものが用いられます。そして、翻訳はその場で一瞬にして実行されます。看板の内容を後でゆっくり読みたい場合、ポーズボタンを押すことにより、画面を保持することができます。ゆっくりとテキストを確認するときに使えます。

Word LensのAndroid版はiOS版と同価格。無料のデモ版もありますので、どのような感じで機能するのか、さわりの部分を試してみるにはいいでしょう。有償版アプリは4.99ドル(2012年7月24日現在)で発売中。デフォルトではスペイン語、イタリア語、フランス語の3カ国語を含む言語パックが含まれています。それ以外の言語パックの購入は、それぞれ4.99ドル別途でかかります。開発者によると、この価格設定は「イントロダクション用の特別価格」なのだとか!

使ってみたい、と思った方は価格が上がる前にぜひ購入して使ってみてください。


Word Lens Demo | Google Play

Word Lens | Google Play via Android Police

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.