• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,,,,,  06:00 PM

廃棄される印刷用の高級紙をリユースした「+U」でクリエイティブな毎日を

廃棄される印刷用の高級紙をリユースした「+U」でクリエイティブな毎日を

120720plusu_top.jpg


「+U」は、印刷の際に出る廃棄される紙たちを再生させたものです。ですから中にはどんな紙が入っているか分かりません。厚い紙も薄い紙もごちゃまぜです。
(商品説明文より)

+Uは高級印刷用紙をリユースした循環型商品です。一見、きれいなメモブロックだなと思って手に取ると、背表紙もなくのりでまとめられているわけでもありません。正方形にカットされた色とりどりの紙が束になっているだけの少し不思議な商品です。

開発を手がけたアンリミットデザインの川畑美穂さんにお話を伺うと、+Uは使う人のクリエイティビティをアップさせるだけでなく、紙が好きな人にはたまらない商品ということがわかってきました。


■「使い方」が存在しない

120720plusu_4.jpg

+Uに使われているのは、書籍やパッケージの装丁によく使われる高級印刷用紙たち。色紙や紙そのものに模様のついたファンシーペーパー、クラフト紙、ボール紙など、種類もさまざまなら厚みもまちまち。つまり私たち消費者は、+Uを買うときに入っている紙を選べないということです。しかし、それは商品の狙いでもあるそう。

「+U」は、使う方にプラスのアイデアをいただき、それを形にしてもらい使用方法をシェアする商品です。今ある商品の多くは便利で使い方が限られています。それらもとっても魅力的ですが、この商品は自分らしさを大切にするこれからの世代のニーズに合わせたもの
(商品説明文より)

商品の帯には「メモ」、「コースター」などいくつかの用例が挙げられていますが、最後には「?」の文字が。あえて用途を定めない、自由な発想で使う商品なのです。「日本人は本質的に紙の上手な使い方を知っています」と、+Uの商品説明文にもあるように、まるで子どものころに遊んだ折り紙を思い起こさせます。


■廃棄される高級紙を循環させて、社会にもプラス

120720plusu_2.jpg

これだけの量や種類の高級紙を集めるのは大変なのではと思い、川畑さんに伺うと、+Uの価値がまたひとつ見えました。

紙は廃棄される予定だったものを仕入れています。印刷する際に不要で切り落としてしまった部分や、そもそも使われなかった余り紙などを、きれいにカットし直しています。印刷されなかっただけで、まだ使えるものばかりです。それら高級紙たちを循環させることで社会にもプラスになれば、という思いも込めています。

+Uには、業界用語で端紙や損紙と呼ばれる、廃棄されるはずだったものが使用されています。もちろん紙である以上、雑紙としてリサイクルすれば、生まれ変わることはできるでしょう。しかし「雑紙」となってしまえば「高級紙」としての使命は全うできません。高級紙として生まれたからこその価値をそのまま流通させていることに、とても良い意義を感じます。


■「+U」を使ってみた

120720plusu_3.jpg

パッケージを開けてみました。紙のサイズは10cm×10cmの正方形。厚みは異なりますが、色数はおおよそ10色前後でまとめられているようです。紙質はざらざらしたもの、平滑なもの、ツルッと光るもの、包装紙みたいなもの...とさまざま。

まずはアイデアメモとして使ってみました。紙により筆記適正は異なるものの、使うたびに色や質感が変わるので、毎回新鮮な気持ちで手に取れます。「このザラッとした感じの紙にあうグラフィックは...」など、少し寄り道した想像も。

お菓子の敷き紙やコースターにも使ってみましたが、いいアクセントになります。色と厚みがさまざまなので、相手やシーンによって使い分けられるのも便利。


ちょっとしたことにも役立つ+Uを、机の上に置いてみてはいかがでしょうか。価格や販売店などの詳細はアンリミットデザインのサイトをご覧ください。


+U

長谷川賢人

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.