• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  -   02:00 PM

突然のキャンセルやすっぽかした約束には「ウイスキールール」でおわびをする

突然のキャンセルやすっぽかした約束には「ウイスキールール」でおわびをする

120710whiskeyrule.jpg


ミーティングを欠席したり、友達との約束をすっぽかしたりした時、どうフォローしていますか? 企業家のNed Dwyer氏は自分で決めた「ウイスキールール」に従って、ミーティングや約束の相手にウイスキーを1本贈ることにしているのだそうです。

ウイスキールールとは何か、というのをNed Dwyer氏はこう説明しています。

 


ウイスキールールはとてもシンプルなルールです。開始10分前を過ぎてミーティングをキャンセルした、または出席できなかった場合、おわびの印として相手にウイスキーを1本プレゼントします。

時間は誰にとっても大切なものですが、生きている限り、うっかりミスをおかしてしまうということもたまにはあります。そんな場合、険悪なムードになってしまってそのままになるよりも、そのミスに対する償いを行うべきです。うっかりミスで約束やミーティングをすっぽかされ、待ちぼうけを食らった相手には、なんらかの形での埋め合わせが必要なのです。

この埋め合わせに、この数年間、私はウイスキールールを活用してきました。私は時間などを厳守するタイプで、カレンダーに書き込んだ予定も細かくチェックしています。しかし時折、ミーティングのことをうっかり忘れてしまったり、途中で抜け出すことができない作業を始めてしまったりして、やむを得ず欠席することがあります。そのような場合、私はウイスキーのボトルを購入し、それをミーティングや約束の相手にプレゼントします。私のミスを許してもらえるようにお願いするのです。次に会う時にネガティブな感情に引きずられてしまうことを回避するためです。

同様にミーティングをキャンセルされたり、無断欠席されたりした場合も、感情的に引きずらないようにしています。その代わり、このウイスキールールを相手側に説明し、また私とのミーティングを設定したいと思っている場合、ウイスキーのボトルを持ってきてくれるようにお願いするのです。これによってお互いの関係を正直に保つことが可能になります。

ウイスキールールは今のところなかなかうまく機能してくれています。これまでに4本のボトルを受け取り、6本のボトルをプレゼントしました。この「ウイスキースコア」上でのマイナス2を、せめて少しでもプラスに近づけることができるように気をつける今日この頃です。

もっとも、送る相手がお酒を全く飲めないこともあるので、事前にリサーチしておく必要はありそうです。いずれにせよ、自分で決めたルールを相手にもお願いして、関係を正直に保つのがユニークなところでしょう。

他にも人間関係の円滑化に実行しているルールがあれば、ぜひコメントで教えてください!


The Whisky Rule | MyNameIsNed

Ned Dwyer(原文/抄訳:まいるす・ゑびす)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.