• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  11:00 AM

タスク整理に役立つモレスキン新シリーズ「プロフェッショナルノートブック」ガイド

タスク整理に役立つモレスキン新シリーズ「プロフェッショナルノートブック」ガイド

120716moleskine01.jpg


いまやサイズや色、デザインだけでなく幅の広いラインナップを揃えるモレスキン。つい先日にはノートだけにとどまらず書籍まで登場していたようです。

書籍ではなくノートの最新シリーズ「プロフェッショナルノートブック」は、タスク管理やプロジェクト管理にぴったりの一冊です。ページを開くと、モレスキン=「方眼」、もしくは「自由に書き込めるフリースペースが特徴のノート」というイメージを覆すレイアウトでした。例のごとくシンプルなデザインは好印象です。ただシンプルゆえに過剰な「取り扱い説明」もありません。

そこで、試しに使ってみました。

 


■独特のレイアウトを活用して情報を整理する

「プロフェッショナルノートブック」は、1ページごとに3つに区切られたレイアウトが特徴です。

120716moleskine02.jpg

1ページにひとつのプロジェクトを記入するのがいいように思いました。3つの区切りはそれぞれ(1)プロジェクトの主題や概要、(2)実行すべきタスク、(3)詳細と分けて記入すれば、情報はうまく整理されて振り返りにもぴったりです。

120716moleskine03.jpg

また、各ページにはそれぞれページ番号が振られています。巻末にはページごとのインデックスが用意されているので、「目次」のように使うことが可能です。

120716moleskine04.jpg


■細かな仕掛けを活用して毎日の仕事をスムーズに

プロフェッショナルノートブックはほぼ全ページにわたって上記のレイアウトが続くのですが、巻末には付録のように「ToDoリスト」が数ページついています。リストにはミシン目がついており、切り離せるのがニクいところ。

120716moleskine05.jpg

また、インデックス用に使えるシールも付属しています。大事なページに使用すれば、必要な情報にすぐ辿り着けるというわけです。オレンジ、グリーン、グレイの配色もいちいちこじゃれていて、さすがモレスキンといったところです。

120716moleskine06.jpg


■長く使えるモレスキンらしさ

タスクやプロジェクトの管理に適しているとは前述の通りですが、モレスキン独特のハードカバーの丈夫さは、引き継ぎ帳として活用するのにも都合がいいですね。

120716moleskine07.jpg

120716moleskine08.jpg


モレスキンといえば方眼、思いのままに書き込める自由帳というイメージをもっていたので、ページごとに決められたレイアウトには最初は戸惑いました。ただ、使っていくと案外早くに馴染むもので、有効活用できそうです。


モレスキン

(ライフハッカー[日本版]編集部)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.