• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  05:00 PM

長距離フライトに...ネックピローは「微粒子ビーズ入り」がオススメ

長距離フライトに...ネックピローは「微粒子ビーズ入り」がオススメ

120710neckpillow.jpg


海外でのバカンス。想像するだけでもワクワクしますが、現地にたどり着くまでのフライトを考えると、ちょっと憂うつになるかも...。ビジネスクラスならともかく、決して広いとはいえないエコノミークラスの座席で何時間も過ごすのは、意外と疲れるものです。

少しでも快適に、ゆっくりカラダを休めるためのお助けアイテムとして、ネックピローを使ってみてはいかがでしょう? 

Photo by kellinahandbasket.

 


仕事などで欧米に行く機会が比較的多い私には、ネックピローが旅のマストアイテムとなっています。多くの国際線の機内では、座席ごとに枕が備えられていますが、首や頭をガッチリ支えるには少々心もとない感じ。ネックピローを使えば、首まわりのクッションがサポートしてくれるので、頭がガクっと下がったり、首の不快な痛さで目を覚ましたりすることがなくなりました。腰当て代わりにも使えて重宝しています

ネックピローにはいくつかのタイプがあります。携帯のしやすさを重視するなら、折りたたみ可能な、空気で膨らますタイプのものが一般的。ただ、このタイプのネックピローは、使っているうちに徐々に空気が抜けてくる場合があります。また、ビニール素材のものが多いので、肌にベタっとくっつく感じが不快かもしれません。私も以前はこのタイプのものを使っていたのですが、ビニールの臭いと感触がどうも苦手で、次第に使わなくなっていました。

その点、荷物は多少かさばるけれど、微粒子ビーズなどの詰め物が入ったネックピローを使うようになってから、ずいぶん快適になっています。選ぶコツは、大きさ・やわらかさ・厚さを自分の体型に合わせること。たとえば、小柄な女性なら、大人用のネックピローよりも子ども用のほうが使いやすいようです。やや高価ですが、より快適さを追求したいなら、形状記憶素材でできたネックピローも選択肢のひとつでしょう。

長距離フライトの機内を快適に過ごすためのコツについては、「飛行機内での安眠を確保するために大切な5つのポイント」でもいくつかご紹介しています。みなさんは、普段どのような工夫をなさっていますか?

おすすめのネックピローや、「ネックピローを使わなくても、こんな風にすれば快適に過ごせるよ!」といったコツをご存知の方は、ぜひコメントやFacebookページで教えてください。




(松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.