• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  01:00 PM

イタリア人もビックリのガラスビンで焼く「お手軽ピザ」はピザなのか?

イタリア人もビックリのガラスビンで焼く「お手軽ピザ」はピザなのか?

120706_Pizza.jpg


これまでにも「新鮮な野菜サラダ」や「お一人様ケーキ」など、ビンに詰めて持ち運べる「ポータブルフード」をご紹介してきました。

ブログ「1 Fine Cookie」にポータブルフードの新たなアイデアが載っていました。ビンの中に生地、ソース、トッピング、チーズなどの材料を入れて、なんとそのまま焼いてしまうピザです。焼き上がったら、そのまま持って出かけて食べましょう。持ち寄りパーティーにいいですし、子供も喜びそうです。ちょっと変わったピザを食べてみたいという人にも、もちろんオススメです。

 


ビンの中に材料を入れたら、好きなトッピングを乗せ(1 Fine Cookieではバジル、トマトソース、ペパロニ、チーズでした)、フタをして、冷蔵庫に入れておけば保存もできます。食べたくなったらオーブンに入れて焼き、そのまま外に持って出かけましょう。

作り方

  1. ビンの底にピザ生地(自家製でも既製品でも何でもOK)を詰め、約190℃のオーブンに入れて15~20分焼きます。少しカリッと茶色くなるまで焼きます。
  2. 焼いた生地の上に、ソース、トッピング、チーズを何段か重ねて入れます。
  3. 最後にピザ生地でふたをして、再度約190℃のオーブンに瓶を入れて15~20分焼きます。


食材によっては水分が出たり、ピザ生地が焼いて膨らんだりするので、その分を計算して材料がビンの口を超えないように入れるのがポイントです。以下のリンク先に写真が数枚ありますので、チェックしてみてください。

宅配ピザを頼むほどではないけど軽く食べたいなと思った時、子どもにピザを手軽に食べさせたい時などにピッタリではないでしょうか。これがピザと呼べるのかどうかという議論はさておき、ライフハッカーはポータブルフードが大好きです!


Pizza in a Jar | 1 Fine Cookie via Bon Appetit

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.