• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  03:00 PM

ソーセージ革命!「らせん状の切れ目」で驚くほどソースが絡む!(動画あり)


お料理系ブログ「Chow」に、ホットドッグのソーセージを焼く前にひと工夫するアイデアが載っていました。これなら、トッピングやソースがくまなく絡んで、スペシャル感のあるホットドッグがつくれます。

記事冒頭のビデオを見てもらえれば、ひと工夫のやり方はすぐに分かります。ソーセージの真ん中に串を刺して、包丁の角度を一定に保ち、ソーセージを回しながら「らせん状」に切れ目を入れます。刺した串を引き抜いてから、ソーセージを焼きましょう。

 


らせん状の切れ目が入れてあると、ソーセージが焼き上がっても真っ直ぐな状態を保てます。変に曲がったり、皮が破れたり、焼きムラができる心配もいりません。切れ目にソースが良い感じで絡みますし、焼いた時にもとてもおいしいです。

ChowのBlake Smithさんは、らせん状のソーセージは焼いたパンにはさむ時もフィットしやすく、切れ目にトッピングが絡むのでこぼれ落ちにくく、食べる時も噛み切りやすくて良い、と言っています。

以前、「焼く前に漬け込むとさらに美味しさが増す食材3選」で、ホットドッグのソーセージもご紹介したことがあります。ホットドッグがあまり好きではないという方は、もちろん他の肉系の食材でも、同じように切れ目を入れて味を染み込みやすくするハックとして覚えておくといいでしょう。

ほかにもホットドッグに関するナイスハックがあれば、ぜひコメントで教えてください!


Why You Should Spiral Cut Your Hot Dog for Grilling | CHOW

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.