• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:00 PM

遂に出た! Android版『Flipboard』はiOS版よりも使いやすい!?

遂に出た! Android版『Flipboard』はiOS版よりも使いやすい!?

120625flipboard001.jpg


まるで本をめくるように最新のニュースをチェックできるアプリ『Flipboard』。iOS版で人気を博した同アプリについてはAndroid版を求める声大きく、非公式のapkファイルまで出回っていたというのが先日までの状況でした(参考:Flipboard for Android Is (Unofficially) Available, Looks Just As Great As Its iOS Sibling|米ライフハッカー記事)。

しかしAndroidユーザーの皆さん、お待たせしました! ついにAndroid版Flipboardが正式にお目見えです。私もこの日を待ち望んでいたユーザーのひとりですが、喜びはひとしお。嬉しさのあまり、iPhoneとの比較を試みました。アプリを立ち上げた画面はそっくり同じにみえますが、Android版ならばさらに便利に使えると感じました。

 


Android版、iOS版を比較して、気付いたポイントは4つです。以下画像はすべて、左がAndroid版(「Galaxy S2」を使用)、右がiOS版(「iPhone 4S」)。アプリ上でFacebookにログインすることで、最新ニュースに加えて「友だち」によるニュースフィードも閲覧できるのは、どちらも同じです。


1.見た目はどちらも同じ

比較画像を観れば分かる通り、画面構成に大きな違いはありません。

120625flipboard002.jpg

もともとiPadユーザーからの支持の声も大きいFlipboard。何より、記事の写真を画面いっぱいに表示するUIが魅力的です。ユーザーのひいき目、ではありますが、AndroidスマートフォンはiPhoneに比べて、画面サイズが大きい端末が多いので、記事の閲覧をより楽しむことができる気がします。


2.Facebook上へのシェアはiOS版がより親切

記事をタイムライン上にシェアする際に、iOS版ではURLと同時にタイトルもシェアできます。ちょっとした違いではありますが、改めて自分で打つよりも気が利いている印象です。ここは好みもありますが、iOSに一日の長を譲るといったところでしょうか。

120625flipboard003.jpg


3.ウィジェットが便利!

ホーム画面に情報を貼り付けられるウィジェットの存在は、Androidならではの便利な機能。サイズは大きさによって2種類、選ぶことができます。

120625flipboard06.jpg


4.Androidだからこその「共有」機能は、やっぱり便利!

iOSにはなくてAndroidにはある最大の特徴が、共有(インテント)機能。Flipboardのような情報収集型のアプリの場合、この機能の便利さに改めて気づかされます。画面上、「他のアプリで共有」を選択すると、

120625flipboard004.jpg

その記事の情報を、自分の端末にインストールしている他のアプリで「共有」することができます。

120625flipboard005.jpg


例えば気になるニュースを『Evernote』に保存したり、『Pocket』などの「後で読む」系サービスを活用したり...。特にこの一点において、Android版に軍配を上げたい気分にさせられました。

Flipboardは、Google Playから無料でダウンロード可能です。もしも手元にAndroidタブレットをお持ちならば、ぜひ試してみることをオススメします。タブレットが、ちょっと小粋なニュースチェックツールに変わるはずです。


Flipboard

(年吉聡太)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.