• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

tanaka  - ,,  09:00 PM

人から言われた志望動機はNG? 「面接でつい言ってしまうこと」まとめ

人から言われた志望動機はNG? 「面接でつい言ってしまうこと」まとめ

120622interviewhack.jpg


こんにちは。「失業経験有り人事担当」の田中二郎三郎です。

面接をしていて感じるのですが、面接はつくづく緊張の場だなあと感じています。なかにはまったく緊張しない方もいるようですが、ほとんどの方はそうではありません。別に裁判で懲役刑になるわけでもないのに、カチンコチンになってしまっている方も数多く見受けられます。緊張する原因はいろいろあるでしょうが、よくありがちなのが、自分で(もしくは本を見て)作った内容を面接前に暗記して答えようとしている人

緊張により、暗記した回答をすっかり忘れてしまって無言になってしまったり、しどろもどろになってしまったり。あるいは自分の回答に面接官があまり良い反応をしてくれないと、緊張のボルテージが急上昇したり。人事を長くやっていると人事同士で交流が生まれるのですが、人事同士の会話の中で「それはマイナスだよね」と表現された面接官が好まない回答を、今回列挙してみます。

 


1. 「はい それは~」

はい?「はい」がマイナスなんですか? そうなんです。「はい」が最初に付くと、どうしても用意された(暗記された)回答ではないかと勘ぐってしまいます。ついつい言ってしまう「はい」。普通の会話では無い会話の始め方なのですが、面接ではつい出てしまうので要注意です。


2. 「前の方もおっしゃっておられましたが」

中途採用ではあまりありませんが、グループ面接で順番に回答していくときに、前の人に自分の回答を言われてしまった場合、緊張のあまり言ってしまう言い回しです。この言葉を言ってしまうと、ますます面接官は「似た回答なんだな」との印象を深めてしまうので、たとえ似ていてもそのまま自分の回答を話すようにしましょう。案外似ていないモノですよ。


3. 「人に言われた志望動機」

「私はよく友人から○○がうまいと言われるので、御社の○○職を志望しました」など、人に言われたことを出してしまう志望動機を言う人がいます。貴方の志望動機を聞いているのに、他人からの推薦のように言ってしまうのはマイナスです


4. 「面接官が聞き飽きている志望動機」

たとえば人材紹介会社のコンサルタントを募集している場合、「人と話すのが得意なので」などといった回答は、面接官にとって陳腐で何の新鮮みのない、聞き飽きた答えです。またメーカーを受ける際に、その会社の商品が好きというのも、聞き飽きている回答です。このような志望動機はかえってマイナスになってしまいます。


5. 「タイムマシンに乗ったような自己PR」

中学時代に○○を~したなど、10年以上前のことを熱く語る方がいらっしゃいますが、本来自己PRは近い時期のことを織り交ぜながら話すモノです。だれも応募者の中学・高校時代には興味はありません。



このように、面接では「普段の自分では言わないのに!」と後悔する回答をしてしまうことが多いのです。緊張していて我を忘れてしまっているから仕方ないのですが、少し気をつければ防げることです。面接官は無難な回答を決して求めていません。「そのことについて詳しく聞いてみたい」と興味を抱かせる回答を求めているのです。そのために必要なのが、イメージトレーニングです。質問を想定して、面接の領域から逸脱しない程度の個性的な回答をするようにしましょう。面接ではなく「面談」と考えて、あくまで話し合いの場であることを忘れないようにすれば、少しは緊張もほぐれるのはないでしょうか。


(田中二郎三郎)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.