• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  10:00 PM

いまイー・モバイルのLTEへの乗り換えを検討すべき3つの理由

Sponsored

いまイー・モバイルのLTEへの乗り換えを検討すべき3つの理由

120604emobile01.jpg


試しにお借りしたLTE端末で記事を作成してみたら、作業が思いのほか捗りました。

「ノマドワーカー」というといかにも自由なイメージがあります。モバイル通信環境が整うにつれ、その注目度は高まっていますが、多くの場合、仕事の効率はネット環境に左右されるというのもまた事実です。

それは、外回りの多いビジネスパーソンについても同じ。高速通信サービスLTEの登場からしばらく経ちますが、モバイルルーターをどう選ぶかが仕事の質を決めるといっても過言ではないと思います。

例えば、出張先に向かう新幹線の車内で無線LANサービスを利用することもあると思います。ただ、東京~新大阪間の「N700系」では、回線速度が1列車あたり最大2Mbpsに限定されているのが実際のところ。改めて外出先でのネットワーク利用法について考えなければと思っていた私にとって、イー・モバイルの「のりかえキャンペーン」は想像以上に刺さるものでした。理由は、以下の3つです

 


1.LTEのスティックタイプの端末が新たに登場

先日新たにLTEのラインナップに追加された「GL03D」は、USBで接続するスティックタイプの端末です。これはつまり、端末のバッテリー残量を気にせずに使えるということ。

外出先でパソコン作業をする際に誰もが気にするのが、電源をどこから取るかということでしょう。パソコンが仕事に欠かせない以上、バッテリー残量は死活問題です。

私もカフェや新幹線で、常に電源のある席を確保しようと目を配ります。しかし同時に、パソコン、スマホやケータイ、おまけにモバイルルーターと、いくつものツールを使い分け、結果うっかり充電をし忘れる、などというミスもしばしば。電源タップを占有するアダプタがひとつ減るだけでも、不安は軽くなるはずです


120607emobile01.jpg
120604emobile03.jpg


重さは約50グラム。かさばらずに持ち歩けるので、不安も荷物も、ちょっと軽くなるはずです

もちろん、Wi-Fiならではの便利さも見逃すわけにはいきません。発売以来、その性能に定評のある「Pocket Wi-Fi LTE(GL01P)」は、より自由度高く回線を活用できます。Wi-Fi対応機器であれば、同時に10台の機器で利用できるので、PCで作業しながらタブレットやスマホで動画を楽しむという使い方にもうってつけだといえます。


2.確かに速いLTEが、月額3,880円

LTEの速度は、確かに魅力的です。データでは「下り最大75Mbps/上り最大25Mbps」と発表されていますが(※1)、ライフハッカー[日本版]では以前、上記のモバイルWi-Fiルーター「GL01P」を使用してその速度を調査しています。記事から一部引用すると、下り29Mbps、アベレージでも19Mbps出ているというデータが出ています

実際どのくらい速いのか。現在EMOBILE LTEエリアとなっているお台場で実測してきました。


120412_kitaguchi_emobile_04.jpg


下り29Mbps、アベレージでも19Mbps出ています。ウワサに違わぬ速さですね。firestorageへのアップロード実験もやってみたところ、22MBのPDFで約11秒157MBの動画で約66秒でした。

(引用元:ノマドタイプ別モバイル選択術~「ライトノマド」と「ヘビーノマド」篇

いままで筆者が利用していた他社WiMAXサービスとの比較のため、YouTubeでの動画閲覧を試してみました。あくまで参考程度にご覧ください。


・「GL01P」を使用


(動画下部の「シークバー」に注目。読み込みはすぐに完了しています)


・他社サービスを使用


(シークバーを見ると、読み込みに時間がかかっている感覚も否めません)



3.QUOカードでキャッシュバックが受けられる

ここまできて迷っていた筆者の背中を押してくれたのが、これでした。他社のモバイルデータ通信サービスから乗り換えた場合、5000円分のQUOカードがもらえる(※2)というのです。目先の5000円に釣られるというのもちょっと悔しいのですが、馬鹿にはできない金額です。

他社のモバイルデータ通信サービスを使用しているという方にとって気になるのは、契約解除に伴う違約金のことでしょう。その分をサポートしてくれるキャンペーンは、ただ活用するに限ります。



いかがでしょうか。やがて来る夏休みでのモバイル生活を考えるまでもなく、普段からオフィス以外でもいつも通りの仕事ができる環境を整えておく、というのも手だと思います。特に3つ目のポイントについては、2012年7月31日までの期間限定のキャンペーンとなっています。適用にはいくつか注意点があるので、詳細は以下のリンク先にてご確認ください。


LTEのりかえキャンペーン



(※1)記載の通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実効速度として保証するものではありません。なお、通信環境や混雑状況により通信速度が変化する可能性があります。「EMOBILE LTEエリア」の下り(受信時)最大75Mbps/上り(送信時)最大25Mbps(いずれもネットワーク側)対応エリアは一部エリアのみとなります。下り(受信時)最大75Mbps/上り(送信時)最大25Mbps対応エリア外の通信可能エリアでは、下り(受信時)最大37.5Mbps/上り(送信時)最大12.5Mbpsとなります。「EMOBILE LTEエリア」外の「EMOBILE G4エリア」では下り(受信時)最大42Mbps(エリアにより下り〈受信時〉最大21Mbpsまたは下り〈受信時〉最大14.4Mbps)/上り(送信時)最大5.8Mbpsとなります。上り(送信時)最大5.8Mbps対応エリアは一部エリアのみとなります。上り(送信時)最大5.8Mbps対応エリア外の通信可能エリアでは、上り(送信時)最大1.4Mbps(一部エリアでは最大2.0Mbps)または384kbpsとなります。通信可能エリアの詳細につきましては、EMOBILEのホームページをご覧ください。なお、端末側の通信方式は、無線LAN(IEEE802.11b/g/n準拠)となります。

(※2)「LTEフラット(にねん+アシスト1600)」へのご加入で、月額割(1600円割引)適用後の場合。価格は税込み表示です。「LTEフラット(にねん+アシスト1600)」の契約期間は2年間です。契約期間中に他の契約種別へ変更もしくは解約された場合、その経過期間に応じて契約解除料が発生いたします。


(年吉聡太)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.