• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,  09:00 PM

世界一幸福な国・ブータンに学ぶ~書評『ブータン、これでいいのだ』

世界一幸福な国・ブータンに学ぶ~書評『ブータン、これでいいのだ』

120617butanbook.jpg


GDP(国内総生産)に代わる指標として、独自の指標「GHP(国民総幸福量)」を国の豊かさを表す指標に掲げ、ユニークな国づくりに取り組むブータン王国(以下「ブータン」)。日本では2011年11月、ワンチュク現国王夫妻が来日したことでも話題になりました。しかし、まだなじみのない方も少なくないかもしれません。そこで、「世界一幸福な国」とも言われるブータンのリアルな姿を生き生きと伝える書籍『ブータン、これでいいのだ』をご紹介しましょう

 


本書は、2010年9月から1年間、ブータン政府GHPコミッションの初代首相フェローとして勤務した日本人女性・御手洗瑞子さんによって書かれたものです。公務員として現地ブータンの人々と机を並べて仕事に励み、友人・隣人として生活を共にした経験がつづられています

なかでも興味深いのは、ブータンの人々が持つユニークな物のとらえ方。御手洗さんの見解によると、「ブータンでは、『がんばってみたところで、ヒトの力ではどうにもならない』と考える範囲が日本よりも広い」とのことで、失敗したり、できなかったりしても「まあ、仕方なかった」とキッパリ割り切る力に長けており、自分を責めたり、落ち込んだりすることが少ないとか。もちろん「失敗は成功の母」ともいわれるように、失敗の原因を追求して次のアクションにつなげることは大切なことですが、失敗そのものをいつまでも気に病むよりは、潔く割り切ったほうが、日々の幸せレベルは上がりそうですね

また、本書で指摘されている「手帳やカレンダーを持たず、記憶できる範囲までしか予定を立てない」というブータンの一般的な仕事スタイルは、GTDに慣れ親しんだライフハッカー読者の皆さんにとって、ある意味斬新でうらやましい感じるものかもしれません。「仕事には、期待される成果や期限があり、これを実現するためにタスクやスケジュールの管理は必須」...そんな、私たちにとって当たり前すぎる仕事術は、実は単なる価値観のひとつにすぎないのかもとふと考えさせられました。


『ブータン、これでいいのだ』は、全編通じて、ポジティブかつシンプルな言葉でつづられており、楽しく読みすすめながら、「生きるとは、何か?」、「幸せって、なんだろう」といった根源的なテーマを考え直すきっかけにもなる書です。ブータンという国の現状や人々の日常を知る上でも参考になると思います。


ブータン、これでいいのだ

(松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.