• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

tanakatanaka  - ,  09:00 PM

抜くと増える?苦労すると増える? 「白髪」に関する諸説まとめ

抜くと増える?苦労すると増える? 「白髪」に関する諸説まとめ

120518shiragamatome.jpg


こんにちは、最近若白髪に悩んでいる「失業経験有り人事担当」の田中二郎三郎です

会う人会う人に白髪増えたねといわれ、そんな歳でもないのにと落胆する毎日ですが、この白髪が生える要素はわかっています。毛を作る元である毛乳頭のまわりには、毛母細胞があります。毛母細胞の間には、髪の色を作るメラニン色素を生成するメラノサイト(色素形成細胞)があり、そこでメラニン色素であるユーメラニンとフェオメラニンを生成し、この2つの色素が髪に色をつけているのです

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


そのため、人種によってこの細胞の活発度合いが異なり、ある人種は金髪になったり赤毛(正確には赤っぽく見える)になったり完全な黒毛になったりするのです。白髪は銀髪と言われることもありますが、普通は老化などによりメラノサイトが減少してしまったときに発生します。ただ老化でもないのに白髪が増えることもあり、これに関する俗説が多数生まれていますので一気に検証してみました。


諸説1:苦労すると白髪が増える

よく、苦労やストレスを受け続けると白髪が増えるということが一説として知られています。しかしこの説は証明が困難で、医学的見地からみれば、ほとんどの若白髪は原因不明です。かろうじて心身の疲労によって(メラノサイトも含む)全身の細胞全体が活動を弱めてしまうことが原因ではないかとの説に留まっています。つまり「苦労すると白髪が増える」は、医学的に証明されていないウソといっても過言ではありません

ただし、甲状腺の異常による内分泌疾患や膠原病によるメラノサイトの不活性化は立派な病気なので、注意が必要です。


諸説2:白髪を抜くとかえって白髪が増える

白髪が目立つように一本あると、ついつい抜きたくなってしまうものです。抜いている姿を見て「抜くと白髪が増えるよ!」と言われた人も多いのではないでしょうか。しかしこの説もやはり医学的に証明されていません。ただし毛を抜くということは、まわりの毛母細胞にもダメージを与えるので、白髪が増えるどころか周囲の脱毛の原因になります。そのため、対策としてはそっと根本からハサミで切るのが一番ダメージの少ない方法です。


諸説3:白髪は遺伝する

これは本当です。どう遺伝するかはまだまだ研究途上ですが、両親や親戚に白髪が多い人はメラノサイトを作る遺伝子が少ない(弱い)可能性が高いので、白髪になりやすいとのことです。しかし、脱毛と同じように「父親がハゲなら息子が必ずハゲる」ということがないように、複雑な遺伝子要素が関係しているので、あくまで「なりやすい」というレベルを超えません。


諸説4:強烈なストレスを受けると、一気に髪全体が白髪になる

昔マリー・アントワネットが投獄されたとき、一晩で白髪になったという話がありましたが、毛は生えてきたときの色で抜け落ちるまでその色を保つので、一晩で脱毛することはあり得たとしても、全体が白髪になることは絶対にありません。この説は完全に「ウソ」です。


諸説5:白髪染めを使うとかえって白髪が増える

白髪染めはごく一部の天然染髪剤を除き、染髪の効果が高いかわりに毒性が強い成分が多く含まれています。この成分はメラノサイトを死滅させることはありませんが、元々の毛母細胞を死滅させてしまう危険性を秘めているので、脱毛の原因になります。どうしても使いたいときは、なるべく地肌に触れないようにし、かつ決められた時間以上放置しないことが大切です。


おまけ:ひげは剃ると濃くなる

ひげを剃ったくらいの力では、濃くなることはありません。ただし切断面が斜めだと、断面積が広くなるため濃くなったような印象を受けることは事実です。しかしあくまで印象ですので、実際に濃くなったわけではありません。



このように白髪一つでもいろいろな俗説があって、そのほとんどは根拠のないものでした。人生長いものです。白髪とも長くつきあっていこうと私も思います(本当は染めたいですが...)。


(田中二郎三郎)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.