• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  10:00 AM

誰とでも世間話ができるちょっとした会話術

誰とでも世間話ができるちょっとした会話術

120507smalltalk.jpg


知らない人との世間話は疲れるという人も多いでしょう。ぎこちなくて退屈で、毎回同じようなことを言っているだけに思えてきます。ブロガーのEmilie Wapnick氏が、そんなつまらない世間話をしなくて済む方法を教えてくれました。退屈な会話を面白くするには、日々の生活の些細なことを話すだけでいいのです

Photo by Everett Collection.

 


「最近どうですか?」というような質問には、「ぼちぼちですよ、そちらは?」ではなく、「いいですよ! 今日も〇〇〇の仕事をバリバリやりました」(〇〇〇には具体的な仕事の内容を入れる)と答えます。すると、相手はその仕事について聞きやすくなりますし、あなたもその仕事について熱く語れるようになります。

ほかには、具体的な体験を話すというのもあります。「毎日楽しいですよ。この前、甥っ子と一緒に自転車で出かけたんです。甥っ子は自転車に乗れるようになったばかりで、それがうれしいらしくて可愛いです」というように。たいていは、同じような心温まるエピソードを相手も持っているものです。相手がそれについて質問してきたら、甥っ子自慢(おじ・おばバカぶり)を思う存分に話せる機会となるでしょう。人間というのは、感情によってつながっているものです。

世間話や挨拶で暗い会話はしたくないでしょう。この方法なら、相手がまったくの知らない人でも、ありふれたやり取りをとても簡単に実のある会話にすることができます。どうせ世間話で終わる関係だと思っていては、新しい出会いは発展しません。相手と心を通わせるには、まずは自分がオープンマインドで接することがポイントです


How to Break Through Small Talk and Turn Strangers Into Friends | Puttylike

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.