• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

大嶋拓人  - ,,  01:00 PM

LH質問箱:テレビやオーディオ機器の接続端子を有効活用する方法

LH質問箱:テレビやオーディオ機器の接続端子を有効活用する方法

120507qa_tv.jpg


ライフハッカー編集部様

私の家にあるテレビの背面には全く使われていない端子があり、何とも寂しそうです。HDMI端子を1つだけ使っていますが、それ以外には何も使っていません。そもそも、その他の端子がどんな役割を果たすのかさえ知りません(例えば、なぜテレビにUSBポートが付いているのでしょうか?)。 また、この使われていない端子を有効活用する方法はあるのでしょうか? 

PN:端子に戸惑う者(Puzzled by Ports)より

 


端子に戸惑う者さんへ

HDMI端子が登場してからというもの、それ以外の端子は使われなくなってしまったような印象があります。ただ、HDMI以外の端子もテレビの背面にはまだ残っていて、有効活用できることが多いのです

これからテレビ背面の端子についてご説明しようと思いますが、その前にまず、関連する数種類のケーブルについて紹介しておこうと思います。もしそのケーブルについてすでにご理解している場合は「端子について」のセクションまで読み飛ばしてもらって構いません。


ケーブルについて

コンポジットRCAケーブル

120429original2.jpg

コンポジットRCAケーブルは上記写真のような赤・白・黄色のケーブルです。黄色のケーブルは標準画質の映像信号を、赤色と白色のケーブルは左右の音声信号を伝えます。技術的には同じ構造の電線なので、色に関係なく信号は伝わるようになっています(例えば、映像信号を赤や白で伝えることも可能です)。色分けされている理由は、それぞれの入力端子と出力端子を間違えて接続しないようにするためです


コンポーネントRCAケーブル

120429.1000-rca-component.jpg

コンポーネントRCAケーブルは上記写真のようなケーブルです。ケーブルの数が違うだけで、基本的にはコンポジットケーブルと同じ構造のケーブルです。実際、コンポジットRCAケーブルが5本あればコンポーネント接続ができてしまいます。例えば、赤と白のケーブルを音声端子に接続し、残りのケーブルを青・赤・緑の高画質用映像端子に接続します。繰り返しますが、ケーブルの色は入力側と出力側で同じケーブルを繋ぐための目印に過ぎません。


3.5mmステレオプラグ

120429original3.jpg

基本的にはヘッドフォンの端子と同じもので、ケーブルの両端がこの形になっています。(予想できた方も多いと思いますが)このケーブルはステレオ音声信号を伝えるために使われます。


VGAケーブル

120429original4.jpg

VGAはパソコンに外部モニターを接続するために長年使われてきた規格です。デジタル映像信号ではなく、アナログ映像信号を伝えます。


DVI端子ケーブル

120429original5.jpg

DVIもパソコンを外部モニターに接続する方法です。VGAより新しい規格です。DVI-Dはデジタル映像信号を、DVI-Aはアナログ映像信号を伝えます。すべてのケーブルや接続端子がDVI-DとDVI-Aの両方に対応しているわけではないのですが、対応しているものはDVI-Iという表示があり、現在ではほとんどがこれに対応しています。DVI-Iの中でも「デュアルリンク接続」に対応しているものがありますが、これは主に超高画質ディスプレイに使用されるため、今回のようなテレビ接続の場合にはあまり考えなくてもOKです。



端子について

USB端子(USBポート) 

120429original6.jpg

本来の使い方:テレビに付いているUSBポートは一般的にテレビが壊れた際に修理目的として用います。「スマートテレビ」であれば少なくとも1つのUSBポートが付いており、ハードディスクや、フラッシュドライブ、その他のUSB記憶装置を接続して、中にあるファイルをテレビに映し出せます。お持ちのテレビにUSBポートがあればラッキーですが、修理用USBポートしかない場合、残念ながら修理以外の使い道はありません。

ライフハッカー的な使い方:上記以外の方法として、USBは電力供給が可能という点に注目しましょう。これはつまり、テレビのUSBポートを使ってスマートフォンやゲームのコントローラーが充電できるということです。米Lifehacker読者のEvan Bさんは、自身のテレビについているUSBポートにLED間接照明を接続しているそうです(※注 USBハブポートがあれば複数のLEDを接続できますが、供給電力が増えるわけではありません)。ただ、USBポートによっては充電できるだけの電力を供給できない可能性もあるのでご注意ください。特定のUSB機器の充電ができなくても、他の機器を試してみればうまくいく可能性があります。


コンポジットRCA端子

120429.1000-inputs-composite.jpg

本来の使い方:コンポジットRCA端子は「赤・白ケーブル」からステレオ音声信号を受信し、「黄色ケーブル」から標準画質の映像信号を受信します。これはアナログ信号接続の主な方法として、これまで長い間使われてきました。

ライフハッカー的な使い方:ほとんどのビデオカメラは多種類の映像・音声出力に対応していますが、ほぼすべての機種がコンポジットRCA出力に対応しています。スチールカメラやビデオカメラを買ったことがあれば、コンポジットRCA端子に接続するアダプターが付属されているかもしれません(ヘッドフォン端子/3.5mmステレオプラグが片側に、黄色・黒色のRCA端子2本が反対側に付いているはずです)。

友達に写真や動画のスライドショーを見せたいときはこのケーブルを使ってテレビに映し出すことができます。また、多くの場合、ビデオカメラからライブ映像をテレビに出力することもできます。これはパーティーのときに使えます。もっと現実的な用途としては、手作りの防犯カメラなどが考えられます。詳細は後述しますが、テレビにビデオ出力端子が付いていれば録画もできる可能性があります。


コンポーネントRCA端子

120429.1000-inputs-component.jpg

本来の使い方:コンポーネントRCA入力端子があれば、テレビに高画質の映像信号を送ることができます。前述のコンポジット接続と同じように、コンポーネント接続にもRCA端子を使うことができます。コンポジット接続との違いは、映像端子が1つではなく3つ付いているという点くらいです。

ライフハッカー的な使い方:標準画質の映像出力に嫌気がさしていませんか? もし『Wii』を持っているなら、劇的な改善とまではいきませんが、Wii専用のコンポーネントケーブルを使うことで画質と色彩を若干改善できます。この方法はPlayStation2などの古いゲーム機にも有効です。支払った金額ほどの効果は期待できないという意見もありますが、小さな改善であることは確かです。


VGAとDVI端子

120429original7.jpg

本来の使い方:VGA(写真左)とDVI(写真右)ケーブルに接続しますが、接続端子には「PC」と表示されていることが多いです。これは、VGAとDVIは主にパソコンとテレビを接続する際に使用するためです。

ライフハッカー的な使い方:パソコンをテレビに接続して実際何ができるのでしょうか? 筆者は友達の家で何かの動画を見たいとき、VGAやDVIを使ってテレビとパソコンを接続しているそうです。適合するVGAケーブルやアダプターを探す必要がありますが、あまり手間をかけずに接続できます。

また、新しいパソコンではなく古いパソコン(もしくはゲーム機)を繋ぐという方法もあります。VGA端子は以前からある規格なので、古い機器にも対応していることが多く、eBayで廉価なゲーム機を手に入れてテレビに接続すれば、昔懐かしいゲームなどが楽しめるでしょう。


光デジタル音声端子(TOSLINK)

120429.1000-inputs-optical-audio.jpg

本来の使い方:光デジタル音声ケーブル(別名TOSLINK)は音声信号をデジタルで送ることができるため、アナログケーブルで送るときのような音声信号の劣化がありません。この端子の入力部分はHDMI端子とペアになっていることが多く、HDMIとは別にデジタル音声信号を送ることが可能です。光デジタル音声出力は広く普及しているため、テレビから音声を出力してホームシアターシステムに接続することも可能です。HDMIの登場により、デジタル映像信号とデジタル音声信号の両方を1つのケーブルで接続できるようになり、以前ほどは使われなくなった端子と言えます。

ライフハッカー的な使い方:光デジタル音声端子の活用方法は、光デジタル音声そのものにあります。他の音声ケーブルに見られるようなノイズが発生しないため、よりクリアなサウンドを届けることが可能です。ホームシアターのスピーカーシステムで音楽などのオーディオを再生する場合は、この方法での接続がベストです

ただ、端子の形が紛らわしいことがあるので注意が必要です。光デジタル音声端子はヘッドフォン端子と一体化されていることがあり、mini-TOSLINKと呼ばれています。AppleのMacbook Proなど、一部のノートパソコンで採用されています。パーティーなどでこのようなパソコンをテレビに接続することで、よりクリアな音楽を再生できます。この場合、片方がmini-TOSLINKでもう片方が通常の光デジタル音声端子のケーブルを使って接続することになります。


映像出力端子

120429original8.jpg

本来の使い方:テレビに付いている映像出力端子(または音声出力端子)はコンポジットRCA端子での出力であることが多く、テレビの映像を他の機器にも出力できます。

ライフハッカー的な使い方:映像出力端子がないこともあるので、付いていればラッキーです。パソコンにグラフィックボードが搭載されていれば、テレビに映っている映像をパソコンやほかのレコーダーに録画できます。筆者はテレビの映像をパソコンに出力し、その外部モニターをキッチンとバスルームで見られるようにしていたそうです。キッチンで料理しているときやシャワーを浴びているときでも、外部モニターの入力設定を変えるだけでテレビからの映像を映し出せたとのこと。このように、映像出力端子には優れた使い道があるのでぜひ自分なりの使い方を考えてみてください。



Adam Dachis(原文/訳:大嶋拓人)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.