• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

adminadmin  - ,  12:00 PM

5月はうっかり日焼けのピーク!? 正しい紫外線対策で美肌をつくる方法

5月はうっかり日焼けのピーク!? 正しい紫外線対策で美肌をつくる方法

120506bikegirl.jpg


こんにちは、美容研究家の境貴子です。今年のGWはあいにくの空模様で、昨日やっと晴天に恵まれましたね。5月は一年の中で最も紫外線が強いと言われています。そこで今回は、正しく紫外線対策をする方法をご紹介します

Photo by Keith Laverack.

 


紫外線は、浴びた分だけ肌の奥に蓄積されていきます。そしてその蓄積量がいっぱいになった時、溢れ出すようにシミやシワとなって肌表面に表れます。気になるシミの多くは日焼けによるもの、つまり紫外線によって出きてしまったシミだと言われています。


紫外線の種類

  • A波:エネルギーは弱いが波長が長く、雲を透過する。曇っていても日焼けさせる紫外線。
  • B波:エネルギーが強く、肌を赤くしたりヒリヒリさせる作用がある。コラーゲンの劣化、光発ガンを引き起こす原因となる紫外線。
  • C波:A波、B波に比べて地上にほとんど届かない。


A波、B波共にシミやコラーゲンの劣化、肌の老化を引き起こす原因となると言われていますので、徹底的に紫外線から肌を守る必要があります。

真夏の太陽が照りつくような暑い日の外出や、海水浴やキャンプなどのレジャーに行くとなれば、誰もが万全なUV対策をしますよね。ご存知の方も多いと思いますが、紫外線は冬でも曇り空の時でも1年中降り注いでいます

しかも天気が悪い日や肌寒い日には紫外線を浴びているという実感がなく、十分なUVケアをしないことが多いので、うっかり日焼けしてしまうことがあります。それでは、日常に潜むうっかり日焼けをしてしまうというシチュエーションを挙げてみます。


うっかり日焼けするシチュエーション

■朝目覚めてカーテンを開けた時

ガラスを透過する性質があり、室内でも窓際にいれば紫外線を浴びる。


■曇りの日

曇っていても紫外線は雲を透過して地上に降り注ぐ。


■洗濯物の出し入れ、近所にふらっと買い物

短い時間でも紫外線を受けたダメージは蓄積される。


■日陰に入る

紫外線は真っ直ぐ地表に降り注ぐだけではなく、空中で拡散したり、地面に反射する。


■長袖のニットや白いシャツを着て外出

ニット素材など目の粗い服や薄手の白い服では、紫外線を遮れない。


ちょっと外へ出る時などにも、日傘をさしたり長袖をはおったりUV対策用の手袋を使用するなどして、日頃から紫外線を防いで肌老化を予防すると良いですね。また顔と首には日焼け止めをしっかり塗るのに、腕や手の甲、スカートやズボンから露出している脚部分などにまでUVケアが行き届いていない方が多いです。顔だけではなくボディへのUV対策も忘れないように心掛けましょう


日焼け止めの使い方

日焼け止めにあるSPFの数値は皮膚1平方cmに対して2mg塗ったときの効果として測定されていることはご存知でしょうか?

この基準に従って顔全体に日焼け止めを塗るならば500円玉程度の量が必要なのですが、大半の方は500円玉の半分、もしくは5分の1程度しか塗っていないと言われています。今塗っている量より何倍も多く塗らなくてはいけない、ということになります!

ただ、たくさん塗るとベタ付きが気になりますし、肌への負担も増えてしまいます。そこで、「UV配合の乳液と混ぜて」使うことをオススメします。

■紫外線対策ケア方法

用意するもの

  • 化粧水(普段使っているもの)
  • SPF15~30の日焼け止めクリーム(海、山などのレジャー時はSPF50を使用)
  • UV配合乳液

ケア方法

  1. 化粧水でお肌を整えた後、お肌になじませるために10分程時間をおく。
  2. UV配合乳液と日焼け止めクリームを親指爪くらいの量、手の平に取ってなじませるように混ぜ、手早く顔全体に塗る。
  3. 耳、首、肩、デコルテ部分にもしっかり塗る。
  4. 目の際、小鼻の横などの細かい部分にもしっかり塗れているかをチェックする(指で塗りづらい所は綿棒を使って塗る)。

日焼け止めクリームだけを塗った時よりもサラッと伸びが良くなり、保湿効果も高くなりますので、毎日の化粧下地としての使用にもオススメです。



また日焼け止めにある表示に「SPF」と「PA」があります。SPFはサンバーン(肌が赤くなってヒリヒリする状態)が起きるまでの時間を引き延ばす力の値で、PAはタンニング(真皮まで到達して肌が黒くなること)を起こす力を表し、「+、++、+++」の3段階で表示されます。

普段の生活で使うUVケアとしてのSPF値は15~30程度、PAは「++」程度のもので十分な効果があります。海や山などの紫外線が強く、長時間浴びる場所に行く際には、SPF50、PA+++のものを使うといったように、「普段使うもの」と「レジャー時に使うもの」とで使い分けるといいですね。

日焼け対策の努力を惜しまない私の友人は、朝カーテンを開ける前に必ず日焼け止めクリームをたっぷり塗り、外出時には日傘をさすと言っています。そんな彼女の肌は驚くほど真っ白でキメが細かく、誰もがうらやむような美肌です!

紫外線は肌にとって最大の敵といっても過言ではありません。肌老化を促進するだけではなく、皮膚ガンのもとにあることもあると言われているほどです。

正しいUVケアを毎日行い、紫外線からの肌ダメージを最小限に抑え、美肌づくりとしてお役立てください。


境貴子

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.