• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  09:00 PM

あなたのタイムラインに一呼吸。Twitter botで楽しむ「哲学」の世界

あなたのタイムラインに一呼吸。Twitter botで楽しむ「哲学」の世界

120427philosophictweets.jpg


超訳 ニーチェの言葉』というベストセラーがあります。

難解かつ暗いイメージを持たれがちな彼の言葉ですが、編訳者の白取晴彦さんは「ニーチェの哲学は決して難しくない」と言い切っています。意味深で印象に残るフレーズを断章形式で集め、「自分の頭で考えるという生々しさ(『はじめに』より)」を味わわせてくれるこの本は、事実ふだん哲学に触れない人たちにも、広く受け入れられました。

私がこの本を手に取ったのはつい最近ですが、ぱらぱらとめくっているうちにあることに気がつきました。

これって、ニーチェの『つぶやき』じゃん。

短いながらも本質を突いたフレーズが断片的に提示されていくさまは、何かTwitterのタイムラインを連想させます。「つぶやき」も140字という制約の中に、自分の考えを凝縮しなければならない。時にそれらは、哲学の言葉にも似た奥深さを持つことがある...皆さんにも経験がないでしょうか。

そう思って探してみたら、様々な哲学者の言葉を集めた「bot」が見つかりました。今回はその中から、私が特にこれは!と思ったフレーズを抜粋して紹介します。

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


シモーヌ・ヴェイユの言葉

苦しみがなくなるようにとか、苦しみが少なくなるようにとか求めないこと。そうではなく、苦しみによって損なわれないようにと求めること。

Simone Weil (simoneweil_bot) on Twitter

苦しみは生きていれば必ず出会うもの。それとどう折り合いをつけていくか、ということが、生き続けていくということなのかもしれません。個人的に好きです。


ガストン・バシュラールの言葉

真の幸福には過去がある。

Bachelard BOT (bachelard_bot) on Twitter

苦しみと同じように、幸福も突然訪れるものではない。すぎゆく一瞬一瞬を、大切にしたくなる言葉です。


ロラン・バルトの言葉

恋する私は狂っている。そう言える私は狂っていない。私は自分のイメージを二分しているのだ。

テキストの快楽(ロラン・バルトBOT) (textbot) on Twitter

哲学する人は、時に詩的でもあります。


ジークムント・フロイトの言葉

たくさんの失敗を重ねてみて、 はじめて真実の全体像が見えてくるのです。

フロイト (furoito_meigen) on Twitter

うーんその通り。最初から「真実とはこうあるべきだ!」と肩肘を張ったところで、いい結果が出ないということはありますよね。


日本人の言葉も見ておきましょう。

森有正の言葉

旅それ自体には、ほとんど意味はありません。何かに会いに私は出かけている。自分のところにいたら何に出会うこともできないから、旅に出るだけの話です。

森有正bot (arimasabot) on Twitter

遠くへ出かけなくても、新しい何かと出会おうとする気持ちがあるならそれは「旅」なのかも。


吉本隆明の言葉

いいことを照れもせずにいう奴は、みんな疑ったほうがいいぞ。

吉本隆明bot (t_yoshimoto) on Twitter

それが誰にとっての「いいこと」なのか。しっかり見極める必要がありますね。


いかがでしたでしょうか。どの言葉もタイムラインを追うのをふと止めて、人生に思いをめぐらせてみたくなるものばかりです。

今回挙げた中には、「これは『哲学者』ではない!」という人が混じっていたかもしれません。しかしそれがどこのどんな人の言葉であろうと、人生の深いところを見つめている人の言葉は景色を変えてくれるもの。私はそんな言葉は等しく、「哲学」としての価値を持つのだと思っています。

人の思考の深さは千差万別。もしかしたらあなたの「つぶやき」が、誰かにとっての「哲学」になっているかもしれませんよ


(関取大)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.