• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

admin  - ,,,  08:00 PM

GWに始める!初めての資産運用とお金の知恵講座・その2

GWに始める!初めての資産運用とお金の知恵講座・その2

120426moneyhackfp.jpg


SONYブルーレイレコーダーとPSVitaの連携機能により、毎期10本のアニメを消化するFP山崎(@yam_syun)です。今期アニメは『しろくまカフェ』がいいですよ。

ただいま好評発売中の新刊『お金の知恵は45歳までに身につけなさい』発売記念タイアップ企画のオンラインマネー講座「GWに始める!初めての資産運用とお金の知恵講座」2回目です。今回は、「残りの人生のお金」のことをざっくり考えてみます

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


私たちはお金のことはあまり考えず、「今月の稼ぎで今月の生活」というようなやりくりをしてしまいがちです。なぜなら、お金のことと向き合うのは「自分の能力と向きあう」のとほぼ同義だからです

年収というのは自分の能力に貼られた対外的評価です。加えて、ほしい物を年収以上買うことはできません(年収以上の買い物をすれば自己破産になるということです)。運用だって、その結果の善し悪しに自分の運用能力が現れるような気がします(実は運用の結果はマーケット次第のところが大きく、個人の運用能力で決まらない部分のほうが大きいのですが)。

仕事において、GTD(Getting Thngs Done)をやっているライフハッカーは多いと思います。しかしプライベート、特にお金の問題についてGTDをしている人は少ないのではないでしょうか。それはなかなかしんどいことだからです。しかし、無視していいことではありません。

そこで、できるだけシンプルに「自分の未来予想図」を考えてみましょう


■自分の残りの人生の「未来予想図Ⅰ」(定年まで)

お金の未来予想図は、2枚の地図が必要です。ひとつは「定年までの働き方やお金のやりくり」で、もうひとつは「定年以降の生き方とお金のやりくり」です

読者の皆さんの年齢にもよりますが、30歳を過ぎて40歳も近づけば、自分の人生の「お金の未来予想図」は考えておくべき時期です。残りの人生で「いつまで働けるか(働くか)」、「どれだけ稼げるか」、「どれだけ残せるか」、「どれだけ資産として残すことができるか」をそれぞれざっくりでいいので考えてみましょう。

1. いつまで働けるか(働くか)

現状は65歳まで働きそれ以降が年金生活になりますが、「年金をもらえるまでは働く」のが前提です。今の30代が年金がもらえる年齢はおそらく70歳に近づくでしょうから、働く時間は延びることになります(その分稼げる金額は多くなる)。一度、自分はあと何年働くのか考えてみることが必要です。


2. どれだけ稼げるか

(今の年収)×(これから働く年数)を考えてみれば、自分の生涯収入の未来予想図が見えてきます。仮に400万円×30年なら1億2000万円です。実は仕事で稼げる金額はけっこう大きいものですが、あまり自覚していません。自分で得たお金は、自分の今と将来の生活の基盤です。一度、残りの人生でいくら稼げるのか考えてみるといいでしょう。


3. どれだけ残せるか

次に肝心なのは稼いだお金を残す、という感覚です。

1億円あるいは2億円稼いでも、そのまま残せる人はいません。しかし同じ年収で貯金ゼロの人がいれば20%は貯められる人もいます。先の例で考えても、20%貯めておけば2,400万円です。これなら老後の生活の安定が確保できる財産になります。「どれだけ残せるか」は「どれだけ使っているか」とセットです。一度、自分の家計を考えてみてください。


4. どれだけ資産として残すことができるか

貯めたお金はそのままにしておくわけではなく、銀行に預けて金利を得たり、投資信託や株式を通じて運用益を得ることができます。先の例の2400万円も30年の間に年3%のリターンがあれば、3,885万円に育ちます。ウソみたいですが運用って結構大事なのです。運用については第3回でまた触れたいと思います。


上で指摘した4点についてざっくり考えてみることで、ぼんやりと不安を覚えていたこれからの人生(特にお金の問題)について気づきや発見があると思います。GTDの一歩目でしかありませんが、一度考えてみてほしいテーマです。

たとえば「いつまでも働けるわけではないこと」、「稼げるお金には限りのあること」、「買い物次第で残せる資産が変わってくること」、「お金の管理によって最終的な資産がまったく変わること」など、意識を持てばお金について考えるアタマができてきます。なんとなく株の本を読むのではなく、自分の「未来予想図」を考えながら投資を学び、実行していくことが大事なのです。

なお、こういう話をすると「夢をなくすな」とか「一生不幸なだけだ」という人がいますが、ちょうどよく働いてちょうどよくお金を使えるようになれば、どんな年収でも自分なりの幸せを見つけることはできます。「お金がたくさん=たくさん買い物する」だけが人生の幸福ではないのですから


■自分の残りの人生の「未来予想図Ⅱ」(定年後)

ところで、「未来予想図Ⅱ」を描いてみることも必要です(ドリカム的に)。こちらは定年した後の人生です。遠い話のようですが、未来予想図Ⅱをいま描いてみることが必要です。

なぜなら、定年後の生活はなかなか大変だからです。何が一番大変かというと「長い」ということ。今の寿命で考えても20年は平均値になっています。今後のことを考えれば25年あるいは30年も珍しくありません。生きている限りお金はかかりますから、老後の幸せはお金の確保にかかってきます。

老後の生活のベースは国の年金です。破綻はしないものの、給付減はほぼ確実です(30年払うような保障を考えれば毎月の金額は減らさざるを得ない)。それでも、国の年金は死ぬまでずっと30年でも40年でももらえるので、金融商品としても価値が高いものがあります

貴重な収入源ですが、日常生活費をまかなうくらい、というのが国の年金の基本的な役割になるでしょう。

そうなると、自力で備えた経済的努力の差が老後の人生のゆとりを生みます。しかも、老後の長さを考えると数百万円程度では足りません(仮に200万円しかなければ、20年の老後に毎年10万円しか取り崩せない)。毎月5万円取り崩すとしても、20年なら1200万円です。基本的には3000万円くらいを目指す必要があります。

この準備は現役時代にしなければなりません。年金生活に入って、年金収入から貯金する余裕はないからです。そして、「未来予想図Ⅱ」を考えて「未来予想図Ⅰ」にフィードバックさせていくことが必要なのです。「未来予想図Ⅰ」では目の前の住宅ローンや子どもの教育費だけではなく、自分の老後に備えていくことが課題なのです。


最終回は、未来予想図Ⅱを絶望の色に塗らないためにも、必要となる「老後のためのお金の準備」、「資産運用」を今スタートさせるヒントをお伝えしていきます。


(山崎俊輔)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.