• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   01:00 PM

はちみつを使ったリップバームやローションを自宅で簡単に手作りしよう!

はちみつを使ったリップバームやローションを自宅で簡単に手作りしよう!

120423_Honey.jpg


リップバームやボディローションの主成分に、はちみつや蜜ろうが使われているものはたくさんあります。そして、家にはちみつがあれば、わざわざはちみつ系の製品を買うのに、高いお金を払わなくて済みます。そこで今回は、少量のはちみつを使ってリップバームを家で手作りする方法をお教えしましょう。ほんの数分で、乾いたお肌や荒れた唇に効果が現れます。

Photo by Valentyn Volkov(Shutterstock).

 


これは「Greatist」に載っていた方法で、はちみつ以外にも必要な材料がいくつかあります。バランスとしては、アーモンドオイルと蜜ろうがオススメ。それらをすべて混ぜ、ガサガサに荒れた唇に濡れば、すぐにしっとりします。はちみつとアーモンドオイルと蜜ろうが家にあれば、お金はまったくかかりません。お好みで、蜂の巣入りのはちみつを買ってもいいでしょう。

また、超乾燥肌や肌に炎症を起こしている人は、少量のはちみつを直接肌に付けて、約1時間半そのままにします。ベタベタする場合は、拭き取ってから洗い流しましょう。すぐにお肌がしっとりすべすべになりますよ。

はちみつが健康にいいというのは有名です。はちみつ入りのローションやリップバームが手に入りにくく、普通のはちみつなら手に入るという場合には、ぜひとも試してみてください。肌に直接付けるものは自然な方がいい! というナチュラル志向の人にもオススメです。

筆者ははちみつを紅茶に入れて飲むのが好きだそうですが、みなさんははちみつをどんな風に活用していますか? オススメの使い方があれば、ぜひ教えてください。


Soothe Dry Skin with Honey(and Other Tips) | Greatist

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.