• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  05:00 PM

あなたは生活の変化に対応できていないかも? 「チェンジマップ」で解決!

あなたは生活の変化に対応できていないかも? 「チェンジマップ」で解決!

120419-changemap.jpg


変わることは苦しいことです。しかし、それは避けがたいことであり、起きてしまった変化を受け入れることは重要。生活に起きた変化をいつまでも受け入れられないと、様々な問題が生じてきます。どんなに目をつぶっても、あなたの生活はもはや過去に慣れ親しんだ生活とは違ってしまっているのです。

そこで、今度自分の生活に何か新しい変化が起きたときには「チェンジマップ」を作りましょう。環境の変化に合わせて日常の生活習慣を変えていくのを助けてくれます

 


筆者自身、生活における問題をただ新たな視点で見直してみるだけで解決したというのを何度も体験しているとか。それも、1~2年も続いていた問題がです。いったいどういうことなのでしょうか? それは、生活に変化が起こったのに、自分が変わろうとしていなかったからです

例えば、体重が20キロも減ったのに今までと同じズボンを履こうとしているようなもの。もはやそのズボンは体に合わず、履いてもずり落ちてしまいます。もちろん、あなたはその変化に簡単に気づくはずです。ズボンがずり落ちるのに気づかない人はいません。しかし、生活全般についてはどうでしょうか? ズボンのケースほど明らかではないでしょう。すでに生活に変化が起きているのにそのことに気づかず、いつまでも元のまま暮らそうとしていませんか?

この記事のゴールは、生活に起きた変化を可視化し、ズボンのケースのように変化を明らかに見る方法を提供することです。それには「チェンジマップ」を作ります。これはいわば、変化のためのマインドマップです。ほんの5分か10分もあればできます

  1. まず、紙の中央に最近あなたの生活に起こった変化を書きます(記事冒頭の画像参照)。
  2. 次に、この変化が影響を与えた生活領域について考えてみます。中央の「チェンジサークル」を囲むようにそれらを書き出していき、チェンジサークルと線で結びます。
  3. 今後は各領域ごとにどんな生活習慣があるかを考え、書き出してみます。


以上でチェンジマップの完成です。このマップ上に、あなたが受け入れるべき生活上の変化が表現されています。あとは、チェンジマップを見ながら、起きてしまった変化に対応するために、現在の生活習慣をどう変えなければならないか? をじっくり検討してみてください


Adam Dachis(原文/訳:伊藤貴之)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.