• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,  10:00 AM

仕事をいくつも同時進行中の人は、仕事にあわせて「机の上」を変えて気持ちを切り替えよう

仕事をいくつも同時進行中の人は、仕事にあわせて「机の上」を変えて気持ちを切り替えよう

120406_Workspace_01.jpg


さまざまなプロジェクトを同時並行で進めている人はたくさんいます。それぞれのプロジェクトをきちんと進めることはもちろん、プロジェクトごとに気持ちを切り替えてモチベーションを保つのはさらに難しいものです。「そんなものは理想論であって、無理だ」と思っている人もいるかもしれません。しかし、机の上をプロジェクトごとにわけるようにすると、別の仕事に移る時も気持ちを切り替えて入りやすくなります

Title photo remixed from Brandt Kurowski.

 


どんな仕事をしているかに関わらず、1日中まったく同じ仕事をしている人は少ないと思います。仕事の内容によって仕事場や作業スペースを変えるという発想は目新しいわけではありませんが、見た目や雰囲気も変えると頭の中で仕事を切り替えるのにも役立ちます。ちょっとした色彩学や仕事に対する気分や雰囲気を取り入れながら、仕事場を作るというアイデアです。やり方は簡単ですので自分なりに応用してみてください。


■仕事によってパソコンのデスクトップの雰囲気を変える

120417workspace02.jpg

環境を変えると気分が変わるというのは、みなさんよくご存知でしょう。好みは人それぞれですが、少なくとも科学的には「青」を見るとよりクリエイティブになり、「赤」を見ると集中力が増すと言われています(英文)。色や画像がどのように気分に影響を与えるかということが理論的に納得できなくても、どんな色や画像を見ると「自分がある特定の仕事に集中できるようになるのか」がわかるようになると思います。そのことを念頭に置きながら仕事の使い勝手にあわせてデスクトップを設定し、気分にあわせてテーマを決めれば仕事に対する頭と気持ちの切り替えがしやすくなるはずです。

例えば、午後にPhotoshopで何かを作らなければならない場合は、青くて素敵な背景画像を設定して、その作業用に特別なアプリメニューを作っておくという感じです。『Geektool』や『Rainmeter』などでデスクトップテーマを見つけてもいいでしょう。


■Macの「Mission Control」と「複数ユーザーアカウント」を使う

どの程度突っ込んでやりたいかにもよりますが、Macでこの設定をする簡単な方法はいくつかあります。Lionのビルトインの「Mission Control」もそのうちの一つです。Mission Controlは、仕事や作業によって、ワークスペースごとに背景画像を変えることができます。ワークスペースごとに特別に背景画像を選べば、違う気分になれます。

もちろん、どんな色や画像を選ぶかだけでなく、デザインやワークフローも変えることができます。少々手を加えれば、ユーザーによってまったく違うワークスペースを作ることもできます。米Lifehackerでは以前この設定方法を説明したことがありますが(英文)、かなり簡単です(日本語の場合はこちらなどを参考に)。

Mission Controlを使うメリットは、これからしようとしている仕事のモードに完全に切り替えられるということです。Dockの動作やデスクトップのファイルなど、すべてをカスタマイズできます。何か書く仕事をしようとしているのであれば、そのためのユーザーアカウントを作成してDockを無くし、素敵な海辺の画像の背景(というかどんな画像でもいいですが気が散りそうなもの)も無くしてお気に入りのライティングツールだけを開き、書く時のためのBGMを流しましょう。


■WIndowsの「バーチャルデスクトップ」を使う

WIndowsにも、バーチャルワークスペースマネージャはたくさんあります。使い方が簡単な『Dexpot』や『nSpaces』は以前もご紹介したことがあります。この使い方はMacのMission Controlと基本的に同じですが、どちらも別のユーザーアカウントを作らなくても多様なワークスペースを作ることができます。


■仕事場自体をわける

120417workspace03.jpg

仕事をする場所をわけるのは何もデジタルの世界の話だけではなく、実際の机の上の作業スペースも好きなように変えましょう。パソコンのデスクトップを変えるのとリアルな机上を変えるのには同じような効果があります。筆者の昔の同僚は「両面のポスター」を持っていて、その時やっている仕事によって使いわけていました。片面がライオンで片面が海だとわかっていると別に効果はないのではないかと思うかもしれませんが、その同僚はこのテクで切り替えられていました。

米LHで以前紹介した(英文)ごくごく簡単な方法に、仕事に使うものを載せるトレイを変えるというものがあります。この方法を応用して、仕事に気が散るものはトレイに載せて、どこか別の場所に移動させて生産性を上げるというのもアリでしょう。

仕事によって明かりで雰囲気を変えるというやり方もあります。LEDライトや自然光を採り入れた照明を設置すると、本当に仕事場の雰囲気が変わって気分も変わります。

色々と違うタイプの仕事を複数抱えている時や趣味がたくさんある人は、それによって気持ちを切り替えるのが大変だと思います。カタチから入るとよく言われますが、道具や環境を変えるのは気持ちを切り替えるのには本当に役に立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。ほかにも、仕事にあわせて気持ちを切り替えるグッドアイデアがあれば、コメント欄で教えてください。

Photo by mythwhisper.


Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.