• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

admin  - ,,,  10:00 PM

あたらしいiPad と「あたらしい」生活を実践してみた

あたらしいiPad と「あたらしい」生活を実践してみた

120405newipadhirata00.jpg


編集委員のひらたです。すっかり春らしくなってきましたね。近所でも桜がチラホラ咲きはじめました。まだちょっと肌寒い気もしますが、やっとあたたかくなってくるのでしょうか。

先月、AppleからiPad 3ならぬ「新しい」iPadが発売されました。昨年、iPad 2もiPhone 4Sもスキップした私ですが、今回は発売日に飛びついて購入しました。ここでは、半月ほど使ってみていろいろ思ったところを紹介したいと思います。購入したのはWi-Fiの64GBモデル、色は白です。いままでは初代iPadを使っていましたので、iPad 初代との比較がどうしても多くなってしまいますが、それはご容赦ください。

Photo by dh.

 


まずやっぱり目をひくのは、新しいRetina Displayでした。10インチサイズでフルHDを超える液晶は購入の決め手になったこともあり、とても楽しみにしていました。実際パッと見ただけでわかる高精細さに、予想どおり驚いています。期待を超えて満足です。

iPhone 4のときもそうだったのですが、高精細になるとまず字が読みやすくなります。普通の字はくっきりして、小さい字もそれなりに読みやすくなります。MacのSafariのブラウザでレンダリングしたページはMacでもこれまでのiPadでも十分キレイでしたが、今回のiPadではさらに上をいく美しさです。ほかのブラウザと違いすぎるので、iPadが手元にあるときは、ついついiPadで見てしまいます。

また、アプリでもRetina Displayに対応を始めていますが、対応して一番いいなと思ったアプリが日経の紙面がそのまま読める『日本経済新聞 for iPad』。初代iPadでは、紙面全体を表示すると普通の紙面の文字が潰れてなんとなくしか読めなかったのですが、Retina Displayでは拡大することなく普通に読めます。まるで縮刷版です。新聞が10インチサイズのタブレットで読めるのは感動でした。最初は電子版のようにリアルタイムの記事が読めないのでイマイチと思っていたのに、ほぼ毎日読むようになりました。高解像度の効能恐るべしです。また、『i文庫HD』もRetina対応してくれたので、自炊したスキャン画像を読むにも最高です。

また、初代と比べると大きくかわったのがカメラの搭載。iPad 2の人からすると画質が向上したというレベルなのですが、初代にはカメラそのものがなかったので楽しんでします。ちょうど先日の暴風雨でふきとばされた後に咲き始めたばかりの桜を撮影してみたのがコチラの写真です。


120405newipadhirata01.jpg
Photo by dh.


結構明るいところで撮ったので期待していたのですが、画質はそれほどではないと思います。画素数が多くなったのですが、等倍でみるとやはりお世辞にもキレイと言うのは厳しいような気がします。ただ、個人的には XGAサイズくらいなら十分というか余裕で見られるレベルだと思います。


120405newipadhirata02.jpg
Photo by dh.


今回性能が初代に比べて段違いによくなり、使い方もちょっと変わりました。アプリの切替もとてもスムーズになっています。いまさら気がついたのですが、4本指でスワイプしてアプリが切り替えられるのがとても便利です。新聞読んで、気になったらサファリに切り替えて、ネットサーフィンして、ちょっとわからない言葉があれば辞書に切りかえて、みたいなことがすごくすばやくできました。キーボードもひっかかりが減りましたので快適です。ターミナルには『Prompt』使っているのですが、ヘビーな編集などがなければこれでそこそこ使えますね。Skype もそれなりに実用的に動くようになったのも良い変化です。いままでは動くとはいえないスピードでしたから...。ここまでうごけば、よほどのことがない限りはMacBook Airを持ち運ぶ必要もなくなりそうです。


120405newipadhirata03.jpg
Photo by dh.


ここまで動くと本当は4G対応モデルが欲しいところですが、SIMフリーモデルでも国内で動いたという話を聞かないところを見ると、個人的な予想どおりいまのところ無理な様子です。わたしはiPhone 4のテザリングで使っていますが、モバイルルーターなりで使うのが良いような気がします。はい。

しかし、ちょっと悩ましいのが母艦との関係です。ここまで紹介したような機能は母艦がないとうまく使いこなしにくいのですが、実際のところ普段母艦のMacを使う機会がめっきり減ってしまいました。iPadだけでできることは徐々に増えていくとは思うのですが、快適に使うためには母艦になるMacの存在が前提になるような気がします。両方購入することが前提だと、Macも安くなったとはいえまだまだ高いものについてしまいますね。

ということで、半月ほど新しいiPadを使ってみました。自分でも、まさか新聞を毎日読むようになるとは思いませんでしたが、この新しいiPadをもうちょっと使いこなしてみたいと思います。はい。


ライフハッカー[日本版]編集委員・平田大治)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.