• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

nonoshita  - ,  08:00 PM

あのTEDがスピーカーを世界から募集中! 東京オーディションは六本木で開催。

あのTEDがスピーカーを世界から募集中! 東京オーディションは六本木で開催。

TEDTalentSearch.png


「ideas worth spreading(世界に広めるべきアイデア)」をテーマに、世界中から招待したスピーカーによるスーパープレゼンテーションが披露される「TEDカンファレンス」。過去にはビル・ゲイツやクリントン元大統領、日本人では茂木健一郎氏らが登壇していますが、いずれのスピーカーもTEDメンバーからの招待によるものでした。そこでTEDでは初の試みとして、世界6大陸・14都市で『TED Worldwide Talent Search』開催し、来年のカンファレンスに参加するスピーカーを一般募集により選出すると発表しています

 


東京も開催都市の一つで、5月29日に六本木アカデミーヒルズで公開オーディションが開催されることになりました。現在、その参加者をウェブから募集中で、来年のTED2013のテーマである「The Young. The Wise. The Undiscovered.(若さ、気づき、未知なるもの)」について、「世界に広めるべきアイデア」を持つ人なら、年齢性別に関係なく、誰でも応募することができます(ただし、過去にTEDカンファレンスに登壇したことのある人は除く)。

応募方法は、TEDカンファレンスで披露したいアイデアについて、1分間にまとめた英語ビデオを作成し、専用ページから登録するだけ。その中から公開オーディションの参加者が選ばれ、会場では実際にプレゼンテーションを行ってもらうことになります。その模様を収録したビデオが最終選考資料として「TED Worldwide Talent Search」に登録され、世界中から集まった全てのビデオの中から、オンライン投票で選ばれた上位50名が来年のTED2013に招待されることになっています。

来年のTED2013のスピーカーに参加が決まると、会場のアメリカ西海岸への旅費はもちろん、TEDの一流スタッフによる、プレゼンテーションのアドバイスなどを受けることができるのだとか。基本的にプレゼンテーションは英語ですが、過去には英語圏以外のスピーカーも多数参加しており、パフォーマンスをメインにした内容もあるので、アイデアが素晴らしければ最終選考に残る可能性は多いにあります

最初の応募の段階では凝ったビデオを作る必要はなく、YouTubeなどのビデオサービスを使って、アイデアを説明するだけでも大丈夫とのこと。締め切りは今月10日までなので、この機会に世界デビューを果たしたいという方は、ぜひご応募のほどを。

なお、イベントや応募についての詳細は、運営先の「TEDxTokyo」へお問い合わせください。また、TEDxTokyoではTEDの創設者であるクリス・アンダーセン氏も参加する予定の、5月29日の公開オーディション会場の招待券の抽選応募も行っているので、興味がある方はそちらも合わせてチェックしてみてください。


TEDxTokyo(日本語ページ)

(野々下裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.