• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   10:00 PM

音声アシスタントと上手く付き合うコツ!?

音声アシスタントと上手く付き合うコツ!?

120401siri.jpg


こんばんは、傍島です。

新年度です! とは言っても、私の住む地域では未だに桜がつぼみの状態なんですが、皆さんがお住まいの地域ではいかがでしょうか。

さて、世間では音声アシスタントが大ブームです。このブームの立役者は、アップルの『Siri』と言って間違いないでしょう。Siriは、元々Siri社が開発していたアプリで、2010年4月にアップルが買収しました。アップルが買収してiOSに組み込んだことで、他の音声アシスタントよりも内蔵アプリと密に連携して、柔軟に動作するのが特徴です。また、時折返すチャーミングな返事が面白くて、多くのサイトでも話題になっています。

こんな音声アシスタントですが、話した内容を上手く認識してくれない事があります。そんな時は、これからご紹介する3つの点に注意することで、認識率がぐっと良くなる可能性があるので、お試しください。

続きは以下で。

 


ひと呼吸置いてから話す

動作開始音が鳴ってから、ひと呼吸おいて話かけてください。あまり早く話し出すと、冒頭が上手く認識されない可能性があります。


滑舌よく話す

Siriであればまずまずの認識率ですが、それでもモゴモゴと話しかけるよりは、ハキハキと話しかける方が上手く認識します。


抑揚を付けずに話す

感情を入れず、できるだけ平坦な喋り方をする方が、正しく認識される確立が高くなります。他にも、できる限りテンポを一定に保つ方が、うまく認識されるようになります。


今回ご紹介したのは一般的なものなので、アプリによっても変わる可能性はありますが、上手く認識してくれないなぁ...と思ったら、ご紹介したコツを思い出して試してみてください。


(傍島康雄)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.