• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  11:00 AM

忘れかけていた目標を達成するためのモチベーションを向上させる「d-labo」

Sponsored

忘れかけていた目標を達成するためのモチベーションを向上させる「d-labo」

120327drawmydream.jpg


「お金があったらできるんだけど、お金がないから...」と諦めてしまっていることは多いと思います。 たとえば「独立してオフィスを構える」とか「海外に留学する」などなど。このような夢は、普段生活していると日々の仕事に追われてついつい忘れてしまいがち。

でも、それらの夢を諦めたままにしておくのも惜しい気がします。せっかくの20~30代、何かにチャレンジしないまま過ごすのはちょっともったいないですよね

今回ご紹介するのは、そんな忘れかけていた夢を思い出させてくれるウェブサイトです。「自分のこれからを変えていきたい」、「もっと自由に人生を楽しみたい」、「自分の人生についてじっくり考えたい」という方は要チェックですよ

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


今回紹介するのは、「d-labo」というサイト。このサイトには、簡単な質問に答えていき「自分がいくらお金を借りられるのかの目安d-laboマネーシミュレーター)」や「借りたお金をどのように返すのかd-labo返済シミュレーター)」を調べられるページが用意されています。これら2つのシミュレーターは、目標を探すために必要な「今現在の自分」を知ることができます。

また、「d-labo」とのタイアップとして、バロメーターで選択すると自分に最適な夢のプランを提示してくれる「夢を描こう! draw my dream」というサイトも同時オープン。ここでは忘れかけていた自分の夢や目標を探すヒントが得られます。

お金を借りるとか返済という言葉が出てきましたのでおわかりだとは思いますが、このサイトはスルガ銀行が提供するコンテンツサイトです。銀行と聞くと、多くの人は「預金口座は持っているけど正直ほかのサービスの利用の仕方がわからない」と考えるのではないでしょうか。記事冒頭に書いた「自分のこれからを変えていきたい」というモチベーションとどう関係するのかわからない人も多いと思います。

ですがこのd-labo、実際にやってみると忘れかけていた夢を達成するためのヒントを得ることができます。このサイトでは、自分のこれからを変えたいという「Change」、じっくりとライフスタイルを考えたいという「Think」、そしてもっと自由に人生を楽しみたいという「Play」の3つのコンセプトをもとにつくられており、何らかのアクションを起こすモチベーションを高めることができます。コンテンツは無料で利用できるので、いろいろ試して、夢=ドリームをチェックしてみるのが正解です。

では実際の内容はどのようなものなのか、編集部の安齋(26歳・男)がこのサイトのコンテンツにチャレンジしてみました。


1. 夢を描こう! draw my dream

120404drawmydream01.jpg

こちらは、バロメーターを動かすと今の自分に最適な夢のプランを提案してくれるサイトです。画面中央にあるバロメーターを動かすと、その回答に従って夢とその実現にかかる費用が表示されます。

120404drawmydream02.jpg

ちなみに、私の場合は「セレブに会う」という夢が出ました。その額、なんと2000万円ナリ。これはあるオークションサイトで2011年に落札された「元アメリカ大統領と1日過ごす権利」の金額だとか。ほかにもディズニーランドを3時間貸切る費用は2160万円、シャンパンのプールで泳ぐ費用3億6600万円といったように、まさしく夢のようなプランを提案してくれます。


2. d-laboマネーシミュレーター

120409dlabomoneysimu.jpg

つぎにご紹介するのは「d-laboマネーシミュレーター」。これは、いくつかの質問(年齢、年収など)に答えると自動的に借りられるお金の目安がわかるというものです

120409dlabomoneysimu2.jpg

このように、年齢や年収など簡単な質問に答えていきます。諭吉先生の笑顔が気になりますが、気にせず質問に答えていきましょう。

120412simudlabo.jpg

結果は上の画像の通り。私の場合は、現在だと約4860万円が借りられる目安のようです(80歳で返済完了の場合)。「へえ、このくらいの金額を貸してもらえるのか」というだいたいの目安が把握できます(さすがに年金生活を送りながら返済に追われる人生などは嫌ですが...)。


3.d-labo返済シミュレーター

120404hensaisimu01.jpg

こちらは借りたお金をどうやって返すのかが簡単にわかるシミュレーターです。希望の借入金額やボーナス月の返済、借入期間の設定、希望の金利などを入力すると、毎月の返済金額、ボーナスからの返済金額、年間の返済金額などがわかります

たとえば外車に乗りたいと思ったとします。国内自動車メーカー勤務の知り合いに聞いてみたところ、コンパクトクラスの外車だと250~300万円が相場だとか。たとえばフォルクスワーゲンの「ゴルフ」はだいたい300万円くらい。これを自分の希望の返済計画によってシミュレーターすると、毎月どのくらい返済すればよいのか調べてみましょう。

120404hensaisimu02.jpg

まずは「有担保」か「無担保」かを選びます。今回は車を買うためのローンなので「無担保」を選択します。

120404hensaisimu03.jpg

次に「借り入れ金額」、「借り入れ金額のうちボーナスからのご返済」、「借り入れ期間」などの項目を入力します。今回は車を買うので、希望の金利コースは「カーローン」を選択してみます。

120404hensaisimu04.jpg

結果は上の図の通り。フォルクスワーゲン「ゴルフ」を買うために借り入れた300万円は、月の給与からは約36000円、ボーナスからは約74000円。これを7年間払い続ければ完済できるということがわかりました。ほかにも時計や一戸建てなど、欲しいモノをローンで買うとどのくらいで完済できるのかいろいろ試してみると面白いです。


プラスアルファ:スマホからでもアクセスできる

120404dlabophone.jpg

上で紹介した3つのコンテンツは、もちろんスマホからでもアクセスできます。ちょっとしたスキマ時間に、自分の借入限度枠や返済計画などが簡単に調べられますね。



実際にコンテンツを体験してみるとわかると思いますが、このサイトでは夢実現のために掛かる費用が具体的数値でわかります。

具体的数値を知ることは重要です。たとえば上で紹介した「元アメリカ大統領の1日過ごす権利」は2000万円という結果でしたが、その人物は死んでしまえば二度と会うことはできませんし、権利行使中はその人の哲学や処世術、そしてうまくいけば元大統領という立場を活かした人脈などが得られるかもしれません。この貴重な機会を2000万円で自己投資するかどうかは本人次第ですが、考えようによっては2000万円は安いともいえます。その自己投資によって、将来その投資以上のものが返ってくるかもしれません


このように、d-laboでは自分のライフスタイルと向き合うきっかけを得ることができます。利用自体は無料なので、実際にコンテンツを利用してみることをオススメします。

なお、六本木にある東京ミッドタウンの中にd-laboのコミュニケーションスペースがあります(地図はこちらを参考にしてみてください)。こちらではほぼ毎週、各業界の専門家によるセミナーが開講されています。このスペースに定期的に足を運んで専門家の話を聞けば、さらにモチベーションを高めることができますよ。まずはセミナー開講日時などd-laboでチェックしてみましょう。


 今回の表示結果はあくまでシミュレーションのため、実際のお申込みの結果と異なる場合がございます。また、商品のお申込みあたってはスルガ銀行の所定の審査がございます。詳細は、d-laboまでお問い合わせください。


「d-labo」 dream laboratory by SURUGA bank

(安齋慎平)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.