• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  11:00 AM

お悩みビフォーアフター! イケアとライフハッカー[日本版]が送る「新生活実験室」のその後

Sponsored

お悩みビフォーアフター! イケアとライフハッカー[日本版]が送る「新生活実験室」のその後

120323ikeaba_top.jpg


先月USTにてお送りした、イケアとライフハッカー[日本版]が送る「新生活実験室」(レポート記事にても詳細をご覧いただけます。前篇後篇)にて、読者の皆さまからお悩みに答える形で、弊社のオフィスに家具を設置して、さまざまなイケアのアイテムや部屋作りのアイデアをご紹介しました。

でも、気になりますよね。「実際の部屋のなかで、設置したらどうなるのか」「あのお悩みは解決したのだろうか」。「気になりますよね」などと読者に呼びかけているものの、一番気になっているのは自分達だったりするわけですよ。ええ。

そこで、先日お悩みを投稿くださった方々にご協力を賜り、放送時に使った家具やアイテムを、読者のお部屋に実際に配置いただきました!

新生活実験室のリアルな「ビフォーアフター」は、以下にて。
 


■大人も子供も過ごしやすい、カフェっぽいリビング

まずはレポート後篇で紹介されたお悩みをお寄せいただいた、千葉県のKさんから。お悩みをおさらいしますと...

息子が生まれて生活が激変しました。大人も子供も過ごしやすいリビングにしたいのですが、どうすればいいでしょうか。できればカフェっぽい雰囲気にしたいのですが...。

ちなみに、こちらが事前に送っていただいた「ビフォー写真」。


120323ikeaba01.jpg


ここに、イケアのインテリアデザイナー安東さんが提案した折りたためる机「NORDEN」と、シェルフユニットの「EXPEDIT」を配し、CAFE 璃唵(カフェりおん) オーナーの蓑田琴美のアイデアを活用した、「アフター写真」はこちら! たくさん撮っていただきありがとうございます!


120323ikeaba02.jpg


120323ikeaba03120323ikeaba04120323ikeaba05120323ikeaba06120323ikeaba07120323ikeaba08120323ikeaba09120323ikeaba10


【Kさんからのコメント】

提案して頂いたダイニングテーブルは、今は2人で使っているので半分の大きさで使用しています。場所も取らずコンパクトで部屋をとても広く使えるし、息子の遊びスペースも確保することができました。お友達が来て、ホームパーティーなどをする時は広げて使おうと思っています。

シェルフユニットにはUSTREAMでアドバイスがあったように、散乱していた息子のおもちゃを下の棚に収納してみました。部屋がぐっとスッキリしました。蓑田さんのアドバイスも取り入れて緑の葉っぱを飾ってみると、部屋がとてもカフェっぽくなった気がします。家でお菓子をよく作るので、より一層お家カフェが楽しくなりそうです。

今回はありがとうございました。


■賃貸の部屋でも壁の活用するには?

続いて、東京都のKさんからのお悩み。こちらもKさんですが別の方です。

部屋の面積を損なわずに、収納力を増やしたいです。賃貸で穴をあけられないので、壁を傷つけずに収納器具をつける方法を教えてください。

こちらがKさんから事前に送っていただいた「ビフォー写真」。


120323ikeaba11.jpg


ここへ、アートディレクター・岩沢仁さんがDIYしてくれた「動かせる壁」と、イケアのアイテムを設置したのがこちら!


120323ikeaba12.jpg


【Kさんからのコメント】

収納が置けない場所には、床に置くくらいしか策がなかったのですが、壁の壁を使うことによって、立体的に収納が出来そうです。また、いただいたIKEAのアクセサリーも可愛くて、見せる収納として使えたらと楽しみになりました。

フックを引っ掛けたり、写真、伝言板をつけたりなど、使い方の可能性が広がりそうです。


追記:もうお一方、千葉県のHさんから設置後の写真とコメントをいただきました!

■ピースフルでハッピーなベッドルーム

最後の3人目のお悩みは以下のようなベッドルームについてでした。

部屋が狭くてベッドの位置を変えられず、困っています。寝心地も悪く、疲れが取れません。ピースフルでハッピーなベッドルームの作り方を教えてください。

このお悩みに対して、イケアのインテリアデザイナー・安東さんとHEADSTARTSのインテリアデザイナー・山口麻希子さんが提案してくれたのが、こちらのベッドコーディネートでした。

これを実際に設置した写真がこちら!


120403bedroom01.jpg


120403bedroom02.jpg

【Hさんからのコメント】

設置前後で一番大きく変わったのがベッドマットです。以前はスプリングの入っていないタイプのマットレスで固めだったのが、今回のベッドは適度に柔らかくちょうどいい沈み心地で、仰向けになった時にとても気持ちがいいです。

また、ベッドファブリックは今までカバー以外を無地の同系色であっさりまとめていたのですが、今回の白地に紺の柄は見た目にも感触も爽やか&やわらかな柄なので、女性らしさもありつつ落ち着いていてとてもよいです。

照明は以前、枕元に一つだったところ、今回高さの違う照明を2個を併用することで暗すぎず柔らかく、いい雰囲気がでています。おかげさまで、朝起きた時の疲労感がほとんどありません:)

今回は本当によいものをありがとうございました!


御三方のご協力をもちまして、実際に部屋に設置した写真を紹介することができました。改めてお礼申し上げます。読者の皆さまには、設置時のイメージとしてご参考になれば幸いです。

放送でもご紹介した、イケアの「まってろ!新生活」キャンペーンはまだまだ開催中。イケアにお越しの際はぜひご活用あれ。

(常山剛)
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.