• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  05:00 PM

ATM、バス停、携帯ショップなどの各種マップアプリを1つに集約するスマホアプリ

ATM、バス停、携帯ショップなどの各種マップアプリを1つに集約するスマホアプリ

120326rokesuma.jpg


スマホ用の地図アプリはたくさんリリースされています。ライフハッカーでも『カフェマップ』や『BAR NAVI』、『PowerMap』など、さまざまなアプリを紹介してきました。郵便局、ATM、バス停などの場所を教えてくれるアプリも各種リリースされています。しかし、これらのアプリはそれぞれ別個にダウンロードしなければなりません。

今回紹介するものは、1つのアプリの中に様々なマップをどんどん追加することができる多機能なアプリです。定番のマップだけではなく、「水曜どうでしょう」や「アド街ック天国」で紹介された地域の地図などユニークなマップも追加できます。しかもこのアプリはすべて無料です

 


今回紹介する『ロケスマ』は、自分で各マップデータをアプリ本体に追加していくことで機能を拡充させていく珍しい地図アプリです。以下がマップの一覧です。この一覧に自分がダウンロードしたマップが追加されていきます。


120327rokesumatop.JPG


マップはアプリから飛べるAndroidマーケットのようなページから無料でダウンロード可能。「ロケスマオリジナル」という項目を選ぶと、このアプリ開発元が提供しているマップの一覧が表示されます。「人気トップ25」を選ぶと、昨日1日で最も利用されたオリジナルマップのランキングが表示されます。このほか「ネットで見つけた便利マップ」からは、Googleマイマップなどで作成されインターネットで公開されているマップ(電源マップ、AED設置場所、EV充電ステーションなど)などがダウンロード可能です。


120327rokesumamart.JPG


ここからは、私が便利だと思った地図をご紹介していきます。


1. 100円ショップ

120329rokesuma100.jpg

ちょっとした文具を買いたい時、100円ショップの場所を調べたいと思うこともあると思います。そんな時に使える地図がこのマップ。収録されているのは、ダイソー、キャン・ドゥ、Seriaなど約6500店舗。全国の100均ショップに対応しているので、出張先で「あれがない!」という時でもこれを使えば100均の場所を調べられます。


2. 郵便局

120327rokesumapost.jpg

モノを送る手段が多様化したとはいえ、やはり行く必要があるのが郵便局。出先で急に郵便局に行きたくなることも多いと思います。そういう時に役立つのがこのマップ。地方ごとにわかれており、「北海道・東北」版から「九州・沖縄」版まで全国各地のマップが揃っています。自分が使う地方のデータだけダウンロードすれば良いというのが便利ですね。


3. バス停

120327rokesumabus.jpg

電車にしか乗らない人も、この機会にバス路線を見直してみては? 電車を使うよりもバスのほうが意外と便利だったりするもの。このマップでは


なかにはこんな地図もありました。



ロケスマ開発元のサイトによると、このアプリで読み込めるのは「KMLファイル形式」のものだとか。Googleマイマップなどでインターネット上に作成された、さまざまなマップもダウンロードして表示できます。ということは、自分で作成したマップもアプリ内に取り込めるということです(詳しくはデベロッパー センターのページを参照)。地図データを持っている方は、自分のデータを共有してみてはいかがでしょうか。

まだまだ成長していきそうなこの地図アプリ、今後の展開に注目です。


Googleマップを利用した拡張性のあるマップアプリ「ロケスマ」が、かなり便利でビックリした。 | あなたのスイッチを押すブログ

(安齋慎平)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.