• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   09:00 PM

新しいiPadにiOSデバイスのアプリのデータもすべて移行する方法

新しいiPadにiOSデバイスのアプリのデータもすべて移行する方法

120313_newiPad_01.jpg


新しいiPad」を買おうか検討中の米Lifehacker読者さんから、「新しいiPadにiPhoneアプリはすべて移行できるのでしょうか? その場合、アプリやクリアしたゲームのデータなども使い続けることができるのでしょうか?」という質問がありました。

ほとんどのアプリはiTunesのバックアップで問題ありませんが、常にこれが使えるとは限りません。がんばって何時間も費やしたデータであれば、データが保存されていることを確認したいですよね。そこで今回は、iOSアプリの保存データの確認と万が一iTunesが保存していなかった時のための、パソコンへのバックアップ方法をお教えしましょう。

 


■iOSアプリのデータを手動でバックアップしてリストアする方法

120313_newiPad_02.jpg※ クリックで拡大

まず最初に、これはiOSデバイスでのみ有効な方法だということをご注意ください。よって、iPadやiPhone、もしくはその2つの間でデータをバックアップしたり、移行したい時に使える方法です。

手動でデータをバックアップしたり移行したりするには、MacとWindowsの無料アプリ『iExplorer』を使います。iExplorerを使うのに、iPhoneをジェイルブレイクする必要はなく、iPhoneのデータを簡単に抜き出して、新しいデバイスに移行することが可能です。その詳しい手順は以下の通り。

  1. データを、移行したい新しいiPadにアプリをダウンロードします。
  2. iPhoneをパソコンに接続します。
  3. iExplorerを設定し、デバイスがファイルブラウザに表示されるのを待ちます。
  4. デバイスの名前の隣にある矢印をクリックします。
  5. アプリの隣にある矢印をクリックします。
  6. データを移行したいアプリを見つけたら、矢印をクリックします。
  7. アプリのメインフォルダは「Documents」という名前です。そこにアプリの保存されたデータやゲームでクリアした情報などが入っています。それをデスクトップにコピーします。
  8. iPhoneとパソコンの接続を解除し、今度はiPadをパソコンに接続します。
  9. iExplorerから、上記と同じ要領でiPadにデータを移行したいアプリを見つけます。
  10. デスクトップに先ほどコピーしたフォルダのデータをすべて、iPadのアプリのドキュメントフォルダにコピーします。


以上でデータの移行は完了です。アプリによって保存されているファイルが違うので、いくつものアプリのデータを移行したい場合は、上記の操作を何度か繰り返すことになります。1度に移行できるファイルは1つだけです。この方法はほとんどのアプリで使えますが、すべてに使えるわけではありません。次は、この方法ではデータが移行できない場合のデータ移行法をご紹介します。


■ほんの少しの例外の場合

120313_newiPad_03.jpg

ほとんどの場合は上記の方法で上手くいきますが、ほんの少し例外があります。そういう場合の対処法は以下です。

まず、iPhoneのバージョンとHD iPadバージョンの、2つのバージョンのアプリが存在する場合があります。違うアプリで、ダウンロードする時はそれぞれお金を支払わなければならないにも関わらず、その2つのアプリ間でデータの移行をすることが可能です。バージョンが分かれている場合でも、iPadもiPhoneも1度にダウンロードできることの方が多いです。どちらの場合でもデータファイルの移行は問題なくできます。

すべてのアプリが「Documents」フォルダにデータを保存されているわけではありません。米Lifehacker読者のGregoryさんは、どうしても持っておきたいデータがある場合は、「Library」フォルダを「Documents」フォルダの中にコピーした方がいいと教えてくれました。「Library」フォルダは、ほかのデータがある場所よりも少し上の階層にあります。

最後に、ほとんどのアプリでは、データの保存やオンラインのWebアプリとの同期に「iCloud」を利用しています。この場合、「iCloud」が正しく設定されているか心配しなくても大丈夫です。しかし、残念ながらアプリによっても変わります。自動的に同期していくれるものもあれば、設定メニューで機能をオンにしなければならないものもあります。どちらにしても、アプリはローカルにデータを保存しているので、それをiExplorerで持ってくることが可能です。


いかがでしたか? それほど複雑な作業ではありませんから、iPhoneから新しいiPadにデータを正しく移行できると思います。iPadから新しいiPadへのデータ移行だとしても、万が一データが無くなった時のために、上記の方法でアプリのデータがどこにあるのかが確認可能です。何時間もかけたアプリのデータのバックアップにも使えますし、OSのアップグレードや新しいデバイスを入手する前のデータのバックアップとして使ってもいいでしょう。


Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.