• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  11:00 PM

エビ好きの皆さん「オニエビ」をご存じでしょうか?

エビ好きの皆さん「オニエビ」をご存じでしょうか?

20120311_oniebi.jpg


こんばんは、傍島です。

皆さん、先週発表された「新しいiPad」は注文済みでしょうか? 私は渡し忘れている入学祝いとして、愛用しているiPad 2を甥っ子にあげる約束をし、それを購入理由として発表会直後に注文しました。予定通り今週の金曜日には到着する予定なので、楽しみです。

さて、何よりもエビが大好きという皆さん、鬼のようなツノを持つ「オニエビ」と呼ばれるエビをご存じでしょうか? 日本海側の底引き漁で捕れるエビで、大きさは10センチほど、正式名称は「イバラモエビ」と言います。漁獲量が大変少なく貴重なエビなので、「幻のエビ」と呼ばれることもあるようです。これが、エビ好きであれば一度は食べないと損な「絶品のエビ」なので、ご紹介します。

続きは以下で。

 


さて、なぜオニエビがオススメかと言えば、エビの中で一番といわれるほど、甘み・旨味が濃厚だからです。これを食べると、甘エビが薄味に感じるほど。また、ぷりっとした歯ごたえも格別で、車エビのぷりぷり感すら引けて感じます。オニエビを食べると、もう他のエビは食べられないと言っても大袈裟ではありません。

食べ方は、殻が堅くトゲで剥きづらいのですが、私はお刺身でいただくのがオススメです。醤油は塩辛いものではなく甘めのものを使い、エビの甘みを損なわないように少しだけつけましょう。ミソも抜群の味わいなので、頭は味噌汁の出汁に使って、二度楽しんでください。お刺身以外では、塩焼きもオススメです。火を通すと甘みと旨味がさらに増し、絶品としか言いようがありません。

オニエビは、9~13匹入りで2500円前後。甘エビなどと比較すると高価ですが、この旨さを知れば決して高いとは思わないはずです。先でもご紹介したように、入手の機会を得るのが難しいものの、5月くらいまでは食べることができるので、これを目当てに日本海側へ足を運んでみてはいかがでしょうか。


(傍島康雄)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.