• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,  01:00 PM

米Lifehacker編集部オススメのMac用クイックアップローダーは『Dockdrop』

米Lifehacker編集部オススメのMac用クイックアップローダーは『Dockdrop』

120301_dockdrop_01.jpg


Macは、ドラッグ&ドロップやキーボードをちょっと叩くだけで、すばやく簡単にファイルをアップロードできるプラットフォームです。なかでも、米Lifehacker編集部オススメのクイックアップローダー『Dockdrop』はシンプルかつ多才なツールとなっています

 


120301_dockdrop_02.jpgDockdrop



■機能・特徴

  • ファイルを、Dockにあるアイコンにドラッグするだけで簡単にアップロードでき、完了するとURLがクリップボードにコピーされる。
  • Finder/iPhoto/iTunesからファイルをアップロードする際、ユーザーが設定したショートカットキーを使える。
  • FTP、SFTP/SCP、WebDAVサーバにアップロード可能。
  • Flickrのアカウントにアップロードできる。
  • アップロードが終わったら、自動的にアプリを終了するように設定できるので、不使用時はアプリが実行しないようにできる。



■特にすばらしい点

Dockdropの使い方はすばらしくシンプルです。最初にアプリを開き、FTPやSCP/SFTP、WebDAVのサーバの情報を入力するか、Flickrのアカウントで認証します。一度その設定をしておけば、後はDockdropのアイコンにファイルをドラッグするだけで、そのサーバやアカウントにアップロードしてくれます。アップロード先をいくつか設定したい場合は、それぞれのサーバに1~4まで番号を振るように聞いてくるので、番号を選べばOKです。ファイルのアップロードが完了したら、クリップボードにURLがコピーされます。ファイルをドラッグするかわりに、Dockdropの設定画面で特定のショートカットを設定してそれを使うことも可能です。


■改善してほしい点

Dockdropの一番大きな欠点は、アップロード先が4つまでに制限されており、それを変更できないところでしょう。しかし、ほとんどの人にとってはFTP、SCP、WebDAVサーバが使えれば十分だと思います。より多くのアップロード先を追加できるのは便利ですが、色々あると面倒なので、通常はアップロード先を1つ設定するだけで十分でしょう。複数ファイルをzipファイルなどに圧縮して容量を節約することができるのも、便利な点です。

また、Dockdropでアップロードしたファイルをしばらくの間は受け取ることができません。アプリの公式サイトは、OS X 10.4と10.5だけに対応していますが、10.6や10.7のユーザでも問題なく使うことができるようです。今は快適に動いていますが、公式サイトが最新バージョンの2つのOS Xに対応していないというのは将来的に不安。Dockdropはシンプルなアプリですが、壊れないかどうかは誰にもわかりません。できることなら開発者側が今の問題を解決するように取り組み続けて、Webサイトもきちんと動くまで同じように更新してほしいものです。


■競合アプリ

Dropzone』(1,200円)は、機能的には同じようなツールですが、アップロード先はほぼ無制限に設定できます。さらに、アップロードする必要のないファイルが含まれているファイルでも、アプリにドロップ可能です。インターフェイスもとてもよく、オプションもさらにいくつかあります。少し値段が高いのが難点ですが(ほかの競合アプリに比べると)、より多くの機能が必要であれば使ってみる価値はあると思います。Dropzoneは、Dropdockと同じ開発者によって作られており、それがここしばらくDropdockがアップデートされていない理由のようです。

Dragster』(19ドル)と『Filechute』(18ドル)は、どちらも少々お値段の高い競合アプリですが、アップロード先を追加できたり、色々なオプションがあり、Dockdropよりも少し自由度の高いアプリです。これだけのお金を払う価値があるかと聞かれると、そこまでではないと思います。筆者はこの2つのアプリをしばらく使っていましたが、もっと簡単に使えるので今はDockdropを使っているとのこと。制限があるのが嫌だという場合は、このどちらかを試してみてもいいかもしれません。

CloudApp』(無料お試し版)は、多くのMacユーザのお気に入りでしょう。メニューバーのアイコンにファイルをドラッグするだけで、Cloud Appのサービスに直接アップロードできます。スクリーンショットの画像も自動的にアップロードすることが可能です。無料でかなりいいアプリですが、サービスには制限があります。有料版でなければ、1日にたくさんのファイルをアップロードできません。有料版であれば、年間45ドルからあります。すでにホスティングサービスのようなオンラインにファイルを保管している場所がある場合は、ここまで必要ないかもしれません。シンプルで魅力的なパッケージですべてを管理するのが好きな人には、CloudAppは間違いなくオススメです。

Courier』(10ドル)は、正確にはドラッグ&ドロップのクイックアップローダーではありませんが、複数のアップロード先にファイルをアップロードできるので、時間を節約できます。Courierは、FTPサーバやFlickr、Vimeo、他のビルトイン、サードバーティのプラグインで対応しているものであれば、オンラインのサービスでも、アップロードすることが可能です。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.