• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  10:00 AM

iPhoneのインターフェイスが秀逸なスピードダイヤルアプリ『Tacts』

iPhoneのインターフェイスが秀逸なスピードダイヤルアプリ『Tacts』

120227_Tacts_01.jpg


iPhoneでサッと電話をかけるためのスピードダイヤルアプリはたくさんありますが、どれもほとんど違いはありません。しかし、その中でも『Tacts』は秀逸なインターフェイスと豊富な連絡先管理機能で、頭一つ抜き出ている印象です

 


120227_Tacts_02.jpgTacts



■機能・特徴

  • 通常、もしくはT9キーパッドで電話がかけられる。
  • かけたい電話番号が検索できるので、最後まで電話番号を入力しなくてもいい。
  • 連絡先をタップするだけで、すぐに電話をかけたり、SMSやEメールができる。


※注 これらの機能はTactsのキーパッドを追加して利用できる主要機能です。Tactsは連絡先マネージャとしての機能も十分で、ほかにも機能はいくつかありますが、今回は連絡先マネージャの機能だけを中心に紹介しています。より深く知りたい場合は、Webサイトや以前紹介した過去記事に情報が載っています。


■特にすばらしい点

ほとんどのiPhoneのスピードダイヤルアプリと同じく、Tactsもキーパットを使った2つの方法で電話をかけることができます。1つ目はかけたい電話番号をダイヤルして通話ボタンを最後に押す、昔ながらの方法。2つ目はT9を使って番号を検索する方法です。基本的には、電話をかけたい相手の名前の数字を何文字か入力すると、Tactsがリアルタイムで電話番号検索してくれます。記事冒頭のスクリーンショット画像のように、名字(ラストネーム)の番号を入力すると、家族の番号を表示してくれます。

「ほかのスピードダイヤルアプリよりもかなり魅力的なインターフェイス」という点以外では、Tactsがほかのアプリより抜きん出ている所はそこまで多くありません。インターフェイスはなめらかで、使い方をわかりやすく教えてくれます。それ以外はほかのアプリとそこまで大きな違いはありませんが、一番の長所はアプリ自体でしょう。Tactsは実際にはスピードダイヤルアプリではなく、どちらかというと連絡先管理アプリです。簡単に連絡先を並べ替えたり、名前を見つけたり、まとめて編集・削除ができたりします。この機能は無料ですが、2ドルで購入できる電話をかける以外の機能もあります。Tactsをダウンロードしてダイヤル機能を試してみて、もし使い勝手が良ければ購入しても良いでしょう。2ドルも出す価値はないと思ったとしても、ほかの連絡先管理アプリと同じくらいTactsを気に入ると思います。


■改善してほしい点

Tactsには、そこまで欠点はありません。iPhoneで直接電話をかけることに取ってかわることはできませんが、Appleのライセンスの条件を満たしており、悪いアプリではないです。見た目もかっこよく、期待通りの働きをしてくれるので、すばらしい連絡先管理アプリと言えます。特筆すべき欠点というのはほとんどありません。


■競合アプリ

iSmartDialer』(4ドル)は、ジェイルブレイク済みのiPhoneを持っているのであれば、一番の対抗馬となるアプリでしょう。実際デフォルトのiPhoneのダイヤルに取って代わって、同じT9検索を使うことができます。iPhoneをシェイクしてT9検索を使うようにしたり、使わないようにしたりできます。ジェイルブレイクしていない場合は、ダイヤルが置き換わらない通常のiPhoneバージョンを購入してください。最近の価格では1ドルでした。

Genius Dialer』(170円)、『TAKEphONE』(170円)、『TAKEphONE Lite』(無料)はどれも、iSmartDialerと同じような機能を持つアプリです。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.