• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  10:00 AM

OS Xでショートカットキーマネージャを使うなら間違いなく『Quicksilver』

OS Xでショートカットキーマネージャを使うなら間違いなく『Quicksilver』

120222_QuickSilver_01.jpg


ショートカットキーを使うと時間を節約できるのは周知の事実。さらに、カスタマイズを行えばなおさら便利になります。OS Xにはグローバルキーボードをカスタマイズする方法がたくさんありますが、スピードと繊細さを考えると『Quicksilver』を使用するのが一番オススメです

 


120222_QuickSilver_02.jpgQuicksilver



■機能・特徴

  • どんな動作もショートカットキーに割り当てられる。
  • どんな動作でもマウスの動きを割り当てられる。
  • プラグインを使って動作を追加できる。


上のリストを見る限りでは、非常にシンプルです。しかし、Quicksilverの「Triggers」を使えばほとんどのことができるので、シンプルさにだまされないでください。以下で紹介する様々な例を見れば、強力なツールだということがわかってもらえるはずです。


■特にすばらしい点

Quicksilverにできることは本当にたくさんあります。「Triggers」というすばらしい機能を追加でき、Quicksilverに可能な動作であれば、何でもキーボードショートカットに割り当てることが可能です。キーを数回押すだけでできる動作は以下にて。

  • アプリの起動。
  • iTunesのコントロール。
  • メールの作成。
  • Dropboxのパブリックフォルダへのファイルの追加や、クリップボードにパブリックリンクをコピー。
  • タイマーのスタート。
  • アプリのメニューからの動作の選択。



■改善してほしい点

QuicksilverのTriggers機能に欠点はほとんどありません。実際、このアプリを使って一番ガッカリするところは『Autohotkey』にもできなかったりします。複雑なトリガー機能を作成すると多少は学習してくれるようですが、それは順を追って覚えれば良いことです。全体的に見てかなりすばらしいアプリですし、それはQuicksilverの知名度を考えてもわかります。


■競合アプリ

OS Xでは、新しいショートカットキーを作ることも既存のショートカットキーを変更することもできます。グローバルなショートカットキーマネージャの機能がすべてそろっているわけではありませんが、ユーザーによってはこれで十分という人もいるでしょう。

Apptivate』(250円)は、シンプルな競合アプリ。Automatorのワークフローやアプリケーションにショートカットキーを割り当てたり、AppleScriptを使いやすくすることが可能です。インターフェイスはシンプルで、メニューバーに常駐します。極々シンプルなものが使いたいのであれば、これがいいと思いますが、Quicksilverの方が多機能な上に無料です。『Shortcuts』(700円)も基本的に同じで、もっとお金がかかります。これらのアプリとは反対に、特定のショートカットキーをブロックしたいなら『ShortStop』(250円)をどうぞ。

Keymando』(1700円)は、Quicksilverの競合としては高額ですが、さらに多機能です。基本的にKeymandoはすべてRubyのコードでマップします。Keymandoを使うにはRubyがわからなくても大丈夫ですが、アプリの機能を最大限に利用したい場合は、その知識は間違いなく役に立つでしょう。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.