• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,,,  07:00 PM

消しゴムとペイントブラシと導電スポンジでタブレットスタイラスをDIY


お手頃価格なタブレットスタイラスは、市場にはたくさん出回っています。しかし、これはDIYすることも可能です。作るにはまず、アロウヘッド型の消しゴム、金属製のペイントブラシ、導電スポンジの3つを用意しましょう。

 


120301You-will-need.jpg


完成すると、なかなか貫禄のある、ちょうどいい大きさのスタイラスになります。金属製のペイントブラシを使った場合は、iPad 2に磁石で装着可能です

このDIY最大の難関は、素材を集めること。ペイントブラシは学校で使っていた水彩絵セットの中にあるかもしれません。消しゴムはアロウヘッドのものでなくても、シリンダー型にくりぬければOKです。導電スポンジは、ガジェットを購入した際に必ずといっていいほどついているはずです。

素材が集まりさえすれば、DIYの作業自体はとても簡単。仮にクラフトショップですべての素材を購入しても数百円程度で済みます。まず消しゴムの先端を切り取ってシリンダー型にし、フォームの角をその中に押し込みます。そして、ペイントブラシのブラシではない空洞になっている方へフォームを入れます。フォームの大きさが十分であればきちんとフィットするはずです。スタイラスの金属部分に触れた際にスポンジが導電性を持つためには、消しゴムがブラシの金属部分に触れている必要があります

完成したスタイラスの使い心地に関しては、冒頭の動画も参照してみてください。iPad 2には磁気による装着も可能なので、使っていない時にも行方不明にならずに済みそうです。

「作る手間を思ったらネットで安いものを購入した方が...」という声も聞こえてきそうでが、たとえ同じ値段、もしくは若干高くついたとしても、買うよりも作りたいというのがDIY主義者の心意気なはず。自力で作成したいという方は、ぜひ試してみてください。

アロウ型消しゴムなどはあまり日本では見かけないので、代用できる身近なものをご存知の方は、ぜひコメント欄にお願いいたします。


Paint Brush Stylus for iPad | Instructables

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.