• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,  11:00 PM

Windowsの壁紙マネージャなら『John's Background Switcher』がオススメ

Windowsの壁紙マネージャなら『John's Background Switcher』がオススメ

120216_JohnsWallpaper_01.jpg


Windowsにビルトインされている壁紙スイッチャーは悪くありませんが、これといってすばらしい機能があるわけでもありません。壁紙のローテーションをもっと魅力的なものにしたいと思っているなら、機能が豊富な上に無料の『John's Background Switcher』がオススメです

 


120216_JohnsWallpaper_02.jpgJohn's Background Switcher



■機能・特徴

  • パソコンの壁紙を一定期間おきに変えられる
  • パソコン内のフォルダ、Flickrのユーザーやタグ、Facebook、「Vladstudio」の壁紙、RSSのフィード(DeviantArt、Photobucket、LOLCatsなどのようなサイトも含む)、Smugmug、Picasa、Google画像検索など、ありとあらゆる場所から壁紙を選ぶことができる。
  • 個々の壁紙や、「スナップショット・スクラップブック」のようにセットで見たりできる。
  • デスクトップにカレンダーを表示できる。
  • Windowsのログオンの背景壁紙を変えられる。
  • 壁紙をどのように回すか、バッテリー容量が減った時に壁紙を回すのを止めるか、一時停止状態だけ壁紙を切り替えるなど、豊富に設定ができる。
  • スクリーンの特定の場所だけは壁紙を表示させないようにできる。
  • キーボードのショートカットをカスタマイズできる。
  • 設定のインポート・エクスポートで簡単にバックアップができる。



■特にすばらしい点

上記の機能リストを見るだけで、このアプリのできることは漏れなく分かるはずです。John's Background Switcherには、これまで使ったことがないような機能も含め、壁紙マネージャに備わっていてほしいと思われる機能以上のものが搭載されています。一度設定したら、後は何もする必要はありませんが、古いスペックの低いパソコンの場合など、スピードを落とすように調節することは可能です。さらに、オンライン上にある画像や大量の画像を組み合わせて、壁紙にすることもでき、Windowsにある壁紙だけでは満足できない場合でも、好きな画像を使うことができます。


■改善してしい点

時々、壁紙が切り替わるのがぎこちないことに気付くと思いますが、ある設定をオフにすればこの問題はかなり改善されます(いい感じでフェードで切り替わらなくなってしまいますが)。しかし、本当に不満なのは、マルチモニタに対応していないことです。実際には、マルチモニタでもJohn's Background Switcherを使うことはできますが、それぞれのモニタを違う壁紙にすることができません。また、Windowsのログオン画面の画像は、ローテーションの次の画像が使われるだけで、選ぶことは不可能です。明らかに重箱の隅を突いたような不満ですが、どれも使い始めてすぐに気付いたもので、ほとんど修正されていません。とはいえ、プログラムとしてはおそらく完ぺきです。


■競合アプリ

筆者の個人的な意見としては、他のほとんどのプログラムは正直言って、見るに値しないとのこと。マルチモニタを使っているなら、『DisplayFusion』の方がそれぞれのモニタ毎にもう少し管理ができるようになりますが、オンラインの画像を使うことができなかったり、スーパーアドバンスな壁紙を使う場合には有料です(+25米ドル)。結局、マルチモニタを使っているなら、デュアルタスクバーや豊富にあるキーボードショートカット、ウィンドウの切り替えなど、壁紙以外の他の機能も使えるということです。しかし、ただ壁紙を切り替えるだけなら、少々機能過多かもしれません(値段が高いとは言わない)。

有料アプリの中でも、『Wallpaper Cycler』は、20ドル追加するだけでデスクトップに多少機能が追加されます。壁紙にカレンダーやメモ、ノート、Webカム、他の壁紙、RSSの見出しなどを組み合わせてレイアウトすることが可能です。それでも筆者としては、驚くほど美しい『Rainmeter』を超えてはいないと思うので、そちらの方がオススメ。とにかく、何か違うものがいいという場合にどうぞ。

最後に、壁紙のデータが豊富だという理由だけでも、言及する価値があの壁紙マネージャのご紹介。「LIFT」や「WallpaperStock」のファンであれば『Wallpaper Juggler』をチェックしてみてください。他のアプリよりはシンプルですが、お気に入りの壁紙サイトから壁紙をダウンロードできます(John's Background SwitcherでもRSSを使って同じことができますが)。『Color Desker』は壁紙の種類が豊富なので、かなりこだわり派の人でも満足できるのではないでしょうか。


Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.