• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ishida  - ,  10:00 PM

言葉が少なくてもポイントをおさえれば問題なし! 相手が喜ぶ会話のコツ

言葉が少なくてもポイントをおさえれば問題なし! 相手が喜ぶ会話のコツ

120215lovestyle42.jpg


こんにちは。恋愛スタイリストの石田明です。

コミュニケーションが苦手、どうやって相手を喜ばせていいのかわからない...など、異性に対してどういった会話をすればいいか悩んでいませんか? 男性と女性とでは会話のパターンが異なるので、その違いをチェックしておきましょう

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


基本はやはり「聞くこと」

女性の場合、「とにかく話を聞いてほしい」という人が多いです。その日の出来事や自分の思っている事など、聞いてほしいという気持ちが男性よりも強いので、男性は相づちを打って聞いてあげましょう。この基本ができないとそこからが進みません。「この人とは楽しく会話できない」となってしまうので、注意が必要です。


結論を出しすぎない

特にオチもなく、だらだらと喋る人はけっこう多いですよね。特に女性はそのような傾向にあります。そのような人と話している場合、こちらから無理矢理話をオチに持っていったり、結論を出したりするのは危険です。話によってはオチや結論が無く、「聞いてもらうだけで良い」というものもあります


合間に「突っ込み」や「提案」を入れる

聞いているだけでは相手もやはりつまらないと感じてしまいます。所々で「突っ込み」や「提案」を入れてあげましょう。「それ◯◯みたいじゃん!」や「これは◯◯したら良いんじゃないかな?」などを合間に入れてあげると「ちゃんと話を聞いてくれているな」となるので、効果的です。


大切なのはバランス

聞いて相づちを打つ、突っ込む、結論を出すなどはその割合が大切です。相手が女性の場合、8割くらい聞き、残りの2割くらいで突っ込みを入れたり結論を出したりすると、ちょうど良いでしょう。


危険な会話

「下ネタ」と「自慢話」の2つは避けた方がいいでしょう。よほど仲の良い相手なら別ですが、特に女性で嫌う人は多いので、話す場合には場所や状況を良く選んでするようにしてください。


「たくさん喋らないと...」とならなくても喜んでもらえる方法なので、楽に考えて実践してみてください。会話で喜んでもらえると、「また話したいな」という印象を持ってもらえ、自分への自信にもなります。早速日常的に意識してみてはいかがでしょうか。


(石田明)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.